書きます! エレガントな気晴らしのないライティングアプリがLinuxで利用可能になりました

書きます! 美しいインターフェースを備えた気を散らすフリーライティングツールがLinuxで利用可能になりました。

書きます! 多くの作家が好むであろう多くの機能を持っています。 Write!の主な機能のいくつか 自動保存、クラウド同期ドキュメント、オフライン編集、暗いテーマと明るいテーマ、無制限の元に戻す、生産性統計などがあります。 また、アプリから直接メモをWebに公開することもできます。

私はここに言及する必要があります書きます! (お金の面でも)無料でもオープンソースでもありません。 しかし、それはLinuxデスクトップ用のアプリケーションを提供するので、私はそれをカバーしています。

注意:書きます! オープンソースソフトウェアではありません。 それはLinuxで利用可能であるため、私達はそれをカバーしました。

書きます! 特徴

Write!の主なハイライト は次のとおりです。

  • 無制限のクラウドストレージによる自動保存(名前のないドキュメントでも)
  • オフライン自動保存
  • 複数のタブと執筆セッション
  • ドキュメントライブラリ
  • スペルチェッカー
  • 入力履歴に基づいたスマートオートコンプリート
  • マークダウンとWikiのサポート
  • 複数のデバイスにまたがっても、元に戻せる回数は無制限
  • 生産性統計は、何語入力したかを教えてくれます。 ここで目標を設定することができます。
  • ソーシャルメディアでメモを共有するか、ウェブ上で公開します(Simplenoteのように)。
  • 濃淡のUIとエディタのテーマ
  • 複数のテキストスタイルのプリセット
  • 気を散らすフリーライティングのためのフォーカスモード
  • クロスプラットフォームだがモバイルアプリケーションはない

このビデオを見て、これらの機能のいくつかを実際に見ることができます。

Writeで体験しよう!

だから私はWriteを探求し始めた。 Ubuntu 16.04のアプリ。 Write!によって利用可能にされた実行可能ファイルがあります。 どのLinuxディストリビューションでも実行できるチーム。

技術的な詳細はわかりませんが、LinuxアプリはElectron上に構築されているように感じます。

あなたは書き込みを使用するためのアカウントを持っている必要があります。 アプリ。 あなたのメモはWrite!によって提供されたプライベートクラウドに保存されます。 アカウントにリンクしています。

アカウントは必須です

GUIは確かに印象的です。 ノートは、保存プロセスを思い出させる同期サインで自動的に保存されます。

Notesがプライベートクラウドに自動的に同期する

暗いテーマは白いテーマよりも冷たく見えます。

ダークテーマは素晴らしいですね

Writeを使う 暗いテーマと自動補完とスペルの提案で、私はAtomを使っているように感じました。それは悪いことではありません。

その他のライティング体験は、現代のライティングアプリが提供するものと似ています。 重要なのは追加機能です。

評決

書きます! その武器庫内のすべての右の武器でプロの執筆のための素晴らしいアプリです。 あなたが真面目な作家であり、(生涯ライセンスのために)20ドルを使うことができるならば、書いてください! あなたの選択かもしれません。

書きます!

推奨されます

TrueOSはもはや「BSD for Desktop」にはなりたくない
2019
これはモノのインターネット用の5ドルのLinux Mini PCです
2019
バルセロナ市、Linuxとオープンソースを支持してマイクロソフトを結成
2019