W:GPGエラー:Ubuntuでは以下の署名を確認できませんでした

Ubuntuと更新エラーは不可分です。 時々私は新しいソースを追加した後にシステムを更新している間エラーに遭遇します。 先日、システムのアップデート中にこのGPGエラーが発生したときにMateデスクトップ環境をインストールしようとしました。

W:GPGエラー://repo.mate-desktop.org saucy InRelease:公開鍵が利用できないため、次の署名を確認できませんでした:NO_PUBKEY 68980A0EA10B4DE8

この公開鍵がシステム内に見つからなかったことは、エラーメッセージ自体から明らかです。 このクイックポストでは、このW:GPGエラーを修正する方法を紹介します。 公開キーが利用できないため、次の署名を確認できませんでした:エラーなし。

GPGエラーを修正しました:以下の署名は検証できませんでした

私たちがする必要があるのは、システム内でこの公開鍵を取得することです。 メッセージからキー番号を取得します。 上記のメッセージでは、キーは68980A0EA10B4DE8です。 そのキーを次のコマンドで使用します。

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 68980A0EA10B4DE8 

これによりシステムにキーが追加されます。 sudo apt-get updateを実行するだけで、このエラーはもう表示されません。 これで問題が解決したと思います。 私が言ったように、Ubuntuと更新エラーは不可分です。 これが最も一般的なUbuntuアップデートエラーのいくつかです:

  • 次の署名は無効です。BADSIG
  • MergeListの問題
  • 部分アップグレードエラー
  • リポジトリ情報のダウンロードに失敗しました。 インターネット接続を確認してください。

推奨されます

Ubuntuに32ビットまたは64ビットのコンピュータがあるかどうかを知る方法
2019
UbuntuのWaylandからXorgに切り替える方法
2019
Ubuntu LinuxでWebPイメージを使用する方法
2019