ウイルス警告! グレーマーケットで発見されたLinuxのみのトロイの木馬「Hand of Thief」

あなたがそれをまだ知らなかったならば、私にあなたにこの「ニュース」を壊してみましょう:Linuxはウイルスプルーフではありません。 Linus Torvaldsが言うように、すべてのOSが吸うがLinuxはあまり吸いません。同様に、Linuxは他の人(Windowsを意味します)と比較してウイルスやマルウェアに弱いです。 最近の例では、2年以上にわたってLinuxセキュリティの抜け穴があり、権限のないユーザーにrootアクセスの近くで権限を与えていました。

Linuxは再びターゲットになっています。 ロシアのハッカークルー(Kristina Svechinskayaのようなセクシーなハッカーがいるかどうかわからない)は、特にLinuxオペレーティングシステム用に、 Hand of Thiefという銀行用トロイの木馬を提供し始めました。 このマルウェアは、グレーマーケットでなんと2000ドルという値段で売り出されています。 あなたが2000ドルが高すぎると思うならば、あなたはそれが初期の採用者にとって割引価格であることを知っているべきです。 製品が完全に開発されると、価格は最大3000ドルまで上がります。 上記価格にはアフターサービスサポートも含まれています。 彼らのチームは、販売代理店とソフトウェア開発者でも構成されている、とRSAリサーチチームは報告しています。

Trojan開発者の主張によると、彼らはDebian、Ubuntu、Fedoraを含む15のLinuxディストリビューションでそれをテストしました。 デスクトップ環境に関する限り、GNOMEやKDEデスクトップ環境を含む8つのデスクトップ環境でテストされています。

これについてもっと読むことができます。 この新しく見つかったトロイの木馬マルウェアについてどう思いますか? ユーザーベースが小さいことを知っているLinuxに焦点を合わせるのは、ハッカーによる良い動きでしょうか。 あなたの意見を教えてください。

推奨されます

Lernstift:Linuxベースのスマートペン
2019
Linux FoundationはLinuxトレーニングコースで40%の割引を提供しています
2019
修正E:lock / var / cache / apt / archives / lockを取得できませんでした
2019