Ubuntu MateはEntrowareラップトップのデフォルトOSになります

Mateデスクトップ風のUbuntuディストリビューションであるUbuntu Mateは、特定のLinuxユーザーの間で急速に人気が高まっています。 この人気の高まりが、Ubuntu MateがXubuntu、Kubuntu、Lubuntuの仲間入りをする公式のUbuntuフレーバーとして認められた理由です。

その人気の高まりは、Linuxベースのハードウェア新興企業であるEntrowareとのハードウェア取引をもたらしました。 現在、EntrowareのノートパソコンにはUbuntuが同梱されていますが、Ubuntu Mate 15.04のリリース後には、OrionシリーズのUbuntu Mate 15.04がプレインストールされます。

ハードウェア仕様

Orionノートパソコンの価格は、Intel Pentium 3550M(Haswell)プロセッサ、4GB DRR3 RAM、500GB 5400RPM HDDとIntelの統合グラフィックスの中程度の価格です。 ハードウェアは、要件と予算に基づいてアップグレードされるように設定できます。 ノートパソコンのバッテリーの重さは2.2 kgです。 詳細はこちらをご覧ください。

大きな絵

Linuxユーザーにとって意味があるのは、Linuxシステムをそのまま使用でき、完全なハードウェア互換性があるということです。 実際、そのような取引はハードウェア市場では新しいものではありません。 デルはUbuntuラップトップを何年も前から販売しています。 System76はUbuntuシステムのみを提供し、CompulabはLinux Mintを扱っています。 このようなハードウェアの取引が増えると、デスクトップのLinuxユーザーのシェアが拡大し、初心者のLinuxユーザーが非常に苦労する分野であるハードウェアの互換性が向上するはずです。

推奨されます

コマンドラインでLinuxカーネルのバージョンを確認する3つの方法
2019
Ubuntu Linuxで遅いWiFi接続をスピードアップ
2019
MyStory:13歳のラップトップでLinuxをどうやって使うのか
2019