Ubuntu 18.04は10年間のサポートを受ける(通常の5年間ではなく)

Ubuntuの長期サポート(LTS)リリースは、5年間サポートを受けていました。 これは今変わりつつあります。 Ubuntu 18.04は10年間サポートされる予定です。 他のLTSリリースでもサポートが延長される可能性があります。

Ubuntuの創設者Mark ShuttleworthがこのニュースをベルリンのOpenStack Summitの基調講演で発表しました。

Ubuntu 18.04が10年間サポートされることを発表できて嬉しく思います。

モノのインターネット(IoT)をリードする動き

私たちは「つながった世界」に住んでいます。 スマートデバイスはいたるところでインターネットに接続されており、これらはスマートフォンだけではありません。 玩具、カメラ、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、はかり、電球など。

まとめて、それらはモノのインターネット(IoT)と呼ばれ、Ubuntuはそれに重点を置いています。

Ubuntu 18.04の10年間のサポート発表は、IoT市場のニーズによって推進されています。

…金融サービスや電気通信のようないくつかの業界だけでなく、例えば製造ラインが展開されているIoTからも、少なくとも10年間は​​生産に入るでしょう。

2021年4月に寿命を迎える予定のUbuntu 16.04も、サポート期間が延長されます。

現時点で私には明らかではないのは、拡張サポートが無料であるかどうか、そしてもしそうであれば、デスクトップサポートを含むすべてのユーザーが利用できるかどうかということです。

Ubuntuには、法人顧客向けのExtended Security Maintenance(ESM)オプションがあります。 ESMを使用すると、特定のLTSリリースが終了した後でも、お客様はカーネルと必須パッケージのセキュリティ修正を数年後から受けられます。

もちろん、ESMは有料機能であり、Ubuntuを支えているCanonical社が収益を生み出す多くの方法の1つです。

現時点では、10年間のサポートがすべての人のためのものであるのか、それがExtended Security Maintenanceの下で有料サービスになるのかは明確ではありません。 説明を求めてUbuntuに連絡しました。答えが出たらこの記事を更新します。

Ubuntuは販売されていません…まだ

IBMがRed Hatを340億ドルで買収した後、UbuntuがMicrosoftのような大企業に売却されるかどうかという疑問が出始めた。

Shuttleworthは、彼がUbuntuをもうすぐ販売する予定はないことを明らかにしました。 しかしながら、彼はそれが巨大な申し出であり、そして彼が彼のビジョンを実現するためにCanonicalとUbuntuの責任を負うであろうかどうか彼がそれを考慮するかもしれないと曖昧にも言いました。

詳細については、LinkedInでフォローしてください。

ソース: ZDNet

推奨されます

Ubuntuの親会社CanonicalがIPOに向かっている
2019
WMail:GmailとGoogle Inbox用のLinuxデスクトップクライアント
2019
カナリア諸島、オープンソースで70万ユーロを節約
2019