トヨタ自動車とそのLinuxの旅

これはIt's FOSS読者Malcolm Deanからのコミュニティ投稿です。

北米のTMNA Toyota Motor CorpのBrian R Lyonsに、トヨタでのLinuxの実装とLexusのインフォテインメントシステムについて話しました。 私は、いくつかの自動車メーカーが使用しているAutomotive Grade Linux(AGL)があることを知りました。

私はBrianとトヨタについて話し合ったこととLinuxで試したことからなる短い記事をまとめました。 Linuxが大好きな人には、このちょっとした雑談が好きだと思います。

すべてのトヨタ車とレクサス車はインフォテインメントシステムのために主にAutomotive Grade Linux(AGL)を使用する予定です。 これはトヨタ自動車にとって有益なことです。なぜなら、ライオンズ氏によれば、「技術のリーダーとして、トヨタはオープンソース開発手法を採用することが新技術の急速な進歩に追いつくための最善の方法だ」

技術リーダーとして、トヨタはオープンソース開発方法論を採用することが新技術の急速なペースについていくための最良の方法であることを認識しています。 クリックしてツイート

トヨタは、他の自動車会社の中でも、Linuxベースのオペレーティングシステムを使用すると、アップデートやアップグレードに関しては安価で速いかもしれないと考えていました。

うわー! ついに車内のLinux。 私は自分のデスクトップで毎日Linuxを使っています。 この素晴らしいソフトウェアの使用をまったく異なる業界に拡大するためのすばらしい方法です。

トヨタがAutomotive Grade Linux(AGL)を使用することにしたとき、私は興味がありました。 Lyons氏によると、それは2011年にさかのぼります。

「トヨタは、5年以上前の発売以来、AGLの積極的なメンバーであり、他のOEM、Tier 1、およびサプライヤと協力して、セキュリティと機能が強化された堅牢なLinuxベースのプラットフォームを開発してきました」

2011年に、トヨタはLinux Foundationに参加し、他の自動車OEMやソフトウェア会社とIVI(In-Vehicle Infotainment)ソフトウェアに関するディスカッションを始めました。 その結果、2012年にAutomotive Grade LinuxワーキンググループがLinux Foundationで結成されました。

AGLグループでトヨタが最初にしたのは、オープンソースドメインと同じように「コードファースト」アプローチを採用してから、自動車メーカーの間で議論された要求仕様を特定することによって初期の方向性について話し合うことでした会社、ソフトウェア会社など。

トヨタは、Linux Foundationに参加した当時、Tier 1企業間でソフトウェアコードを共有することが不可欠であることをすでに認識していました。 これは、そのような巨大なソフトウェアを維持するためのコストが非常に高くつき、Tier 1企業による差別化ではなくなったためです。 トヨタとそのTier1サプライヤ企業は、従来のコードをすべて自分で維持するのではなく、より多くのリソースを新しい機能と新しいユーザーエクスペリエンスに費やすことを望んでいました。

自動車会社が協力を促進するために一緒になったので、これは大きなことです。 多くの企業は、プロプライエタリソフトウェアが高価であることを発見した後にこれを採用しました。

今日、AGLはトヨタとレクサスのすべての車に使用され、車が販売されるすべての市場で使用されています。

レクサスのために車を売ったことがある人として、私はこれが大きな前進であると思います。 私や他のセールスアソシエートには、インフォテインメントシステムの全機能について学ぶためにテクノロジースペシャリストと話をするために戻ってくる多くの顧客がいました。

私はこれがLinuxコミュニティとユーザーにとって大きな前進であると考えています。 私たちが日常的に使用しているオペレーティングシステムは、変更された形式ではありますが、目の前で使用されるようになっていますが、それ以外にはありません。

これはどこにつながるのですか? うまくいけば、消費者にとってより使い勝手がよく、グリッチの少ないエクスペリエンスになります。

推奨されます

オンラインで息を飲む人々のためのクラウドフォーカスのLinuxディストリビューション
2019
おもしろいLinuxのmanページで笑いましょう
2019
小学校OS Freyaのドックから2つのGoogle Chromeのアイコンを取り除く
2019