Ubuntuの「次のシグネチャが無効でした:BADSIG」を解決する

MergeListの問題、リポジトリ情報のダウンロードに失敗したなどの過去のUbuntuアップデートの問題について説明しました。インターネット接続を確認してください。

この記事では、ユーザーがシステムをアップグレードまたは更新するときに発生する、もう1つの非常に一般的な問題について説明します。 このエラーは「BADSIG」エラーで、次のようになります。

W:署名検証中にエラーが発生しました。 リポジトリは更新されず、以前のインデックスファイルが使用されます。 GPGエラー://extras.ubuntu.com preciseリリース:以下の署名は無効でした。BADSIG 16126D3A3E5C1192 Ubuntu Extras Archive自動署名キー

W:GPGエラー://ppa.launchpad.net正確リリース:

次の署名は無効です。BADSIG 4C1CBC1B69B0E2F4 Jonathan French WのランチパッドPPA://extras.ubuntu.com/ubuntu/dists/precise/Releaseの取り出しに失敗しました

BADSIGエラーの解決策:

UbuntuでこのBADSIGエラーを解決するには、次のコマンドを次々に使用します。

sudo apt-get clean cd /var/lib/apt sudo mv lists oldlist sudo mkdir -p lists/partial sudo apt-get clean sudo apt-get update 

ほら! それはあなたの問題を解決するはずです。 質問、提案や感謝のためにコメント欄を押してください。

推奨されます

ペパーミントOS 6をリリース
2019
Ubuntu 14.04のNetspeedアプレットインジケータでインターネット速度を監視する
2019
Ubuntu 18.04 LTSのリリース日、新機能、アップグレード手順
2019