Solusバージョン1.2.1がMate Desktopを発表

昨日、Solus Projectの開発者たちはバージョン1.2.1 Shannonのリリースを発表しました。 大きなリリースのようには思えないかもしれませんが、

最後の伝統的なリリース

7月に戻って、Solusが順次リリーススケジュールに切り替えていることが発表されました。 この最新リリースは、Solusがポイントリリースを使用する最後の予定です。 以降のすべてのISOはスナップショットモデルに従います。

これは、最新のメジャーリリースを含むISOではなく、最新の安定版開発スナップショットを使用して構築されることを意味します。 本質的には、新しいISOからインストールした後は更新が少なくて済むということです。

新メイト版

以前のSolusにはデスクトップ環境が1つしかありません。それは独自のBudgieで、GNOMEスタックを使用します。 しかし、1.2.1のリリースでは、MATE版が利用可能になりました。 最新かつ最高のものをお届けするために、Solus MATEエディションはGTK3を使用して構築されたMATE 1.16を実行します。

Solusの背後にあるチームは、MATEをSolusにシームレスに統合するために多大な努力を払ってきました。 彼らの目標は、Budgieを動かす力がないかもしれない低電力システムでSolusの経験を提供することです。

その他の変更

この新しいリリースには、いくつかの小さな変更も含まれています。 インストーラーには、Logical Volume Manager(LVM)を使用し、LUKSを介してシステムを暗号化するオプションがあります。 今後は、ソフトウェアセンターを開くたびに、最新のリポジトリのインデックスが自動的に受信されます。

Budgieも愛を受けています。 Budgie 10.2.8には、多言語入力を可能にするためのIBUSサポートが付属しています。 画面上の表示といくつかのアプレットの両方が改良されました。

あなたはSolusブログで変更の完全なリストを見つけることができます。

Solusの最新のISOをダウンロードして試してみてください。 SolusのWebサイトからこれらの指令をダウンロードするか、torrentを使用することができます。

Solusをスピンとして使うつもりですか? あなたは過去にそれを試したことがありますか? コメント欄でお知らせください。 この記事が面白いと思われた場合は、少し時間をかけてソーシャルメディアで共有してください。

推奨されます

デフォルトでHDMIが有効になっているのでUbuntu 14.04で音がしない
2019
ターミナルにASCIIアートでLinuxディストリビューションのロゴを表示する
2019
最新のSolus ISOスナップショットにGNOMEが含まれる
2019