AptikとUbuntuのフレッシュインストール後にアプリとPPAを復元する

Ubuntuを新しくインストールした後にすべき主なことの1つは、以前のUbuntuインストールで使用していたさまざまなアプリケーションをインストールすることです。 そして私はこれが面倒な仕事だと思います。 平均して、私は新しいOSに30のアプリケーションをインストールし、それらのほとんどはPPAを介してインストールされます。

今、インストールされているすべてのアプリケーションとそれぞれのPPAを覚えていることは、人的に不可能です。 PPAの再追加、アプリの再インストール、およびテーマの検索にはかなりの時間がかかります。

私はこの問題に立ち向かうことが私一人ではないことを知っています、そしてそれはTeeJeeがAptikをリリースしたときに確認されました。

Aptikでは、アプリとPPAを復元できます。

Aptikは、お気に入りのアプリ、PPA、およびパッケージをバックアップするためのGUIプログラムです。 あなたはこれらをUSBドライブまたはDropboxにバックアップすることができます。 新規インストールの後、マウスをクリックするだけでインストールするアプリ、PPAを選択できます。 このアプリはUbuntuや、Linux Mint、Elementary OSなどのUbuntuをベースにした他のディストリビューションで動作します。

このアプリは、GUIを介してConkyを簡単にインストールするためにConky Managerを提供してくれたのと同じ開発者によって作られました。 そして私は彼(または彼女)が一般的なデスクトップLinuxユーザーの苦痛を理解していると思います、開発されたアプリは同じことの証明です。

特徴:

以下はAptikの主な機能です。

  • PPAとそれを介してインストールされたアプリのバックアップと復元
  • Software Centerからインストールされたアプリケーション
  • APTキャッシュ内にインストールされているアプリケーション
  • テーマとアイコン

Aptikのインストールと使用

以下のコマンドを使用してAptikをインストールするには:

sudo add-apt-repository ppa:teejee2008/ppa sudo apt-get update && sudo apt-get install aptik 

Aptikを使うのはとても簡単です。 開発者がすでにあなたがここで見つけることができるスクリーンショットでかなり役に立つガイドを書いたので、私はAptikを使用する方法を書きませんでした。

もちろん、新しいバージョンのOSでは利用できない可能性があるため、一部のPPAおよびアプリケーションはインストールされません。 しかし、それ自体はまだかなり便利なアプリです。

なぜUbuntuはデフォルトでそれをしないのですか?

この質問はしばらくの間私を不思議に思っています。 UbuntuがアプリケーションのバックアップにUbuntu Oneを使わないのはなぜですか? グーグルはそれをします、アップルはそれをします、Ubuntuあなたもそれをすることができます。 UbuntuはUbuntu Oneを介した有料アプリのインストールのみを許可します。 私の意見では、少なくともSoftware Centerで利用可能なアプリケーションについては、「自分のアプリ」セクションも提供する必要があります。そこでは、以前にインストールしたものを確認して、もう一度インストールすることを選択できます。

あなたはAptikについてどう思いますか? UbuntuやLinux Mintでデフォルトで見たい機能を持っているのはいいことですか? あなたの意見を共有してください。

推奨されます

初心者に最適なWindowsのLinuxディストリビューション
2019
Unity、Windows 10、またはmacOSを手に入れよう
2019
SMPlayer:メディアプレーヤー++
2019