OracleはKill Solarisに設定されています。 これはSolarisに代わるものです。

2017年1月に、Solaris 12は公式のオラクルのロードマップから消えました。

たとえOracleがそれを否定したとしても、彼らが「ポイントゼロ」アップグレードの代わりに「継続的デリバリー」に移行すると主張することを望んで、それはRedwood Shoresの会社の傘下でSolarisの将来について多くの質問と噂を引き起こしました。

2017年9月、オラクルがSolarisの技術スタッフの中核を解任することを決定したことで、Sunが継承したオペレーティングシステムの将来に関する懸念が確認されました。 それで、これはSolarisの終わりですか? 必要はありません…

Solarisの歴史を振り返って

あなたの中で若い読者はLinuxしか知らないかもしれませんし、最終的には* BSD Unixライクなシステムもあるでしょう。 しかし私の世代の人々にとっては、Solaris - AIXのような - は別の大きな名前です。 このオペレーティングシステムが私たちの心の中で、そして私たちのサーバーラックの中で特別な場所を占める理由を理解するのに少しの歴史があるかもしれません。

それはすべてスタンフォード大学の3年半の学生がSun Microsystemsを設立した1982年に始まりました。 Bill JoyがVinod Khosla、Andy Bechtolsheim、およびScott McNealyとの共同創設者であると考えられてから、3年半が経過しました。 Sunは当初、高品質のMC68000ベースのグラフィカルワークステーションを設計するハードウェア企業であることを目指していました。

しかし、BSDのコア開発者であるBill Joy(および元のvi作家 - そうだ!)が登場したことで、Sunがソフトウェア業界のリーダーになる準備はすべて整いました。 SunOSの開発、特にBSDベースのオペレーティングシステムが商業的に成功したSun SPARCサーバーとワークステーションを動かしていることは、特にそうでした。

SunOSは、NFS(Network File System、バージョン3と4が現在も使用されている)、NIS +(LDAPの代替/前身)などの競合他社よりも数年先に、技術と概念を導入し、品質と革新性で急速に評価を得ました。 Sun RPC(正式にはOpen Network Computing Remote Procedure CallまたはSunView(数年後にX10 / X11ベースの製品に置き換えられた80年代前半に開発されたウィンドウシステム))

しかし、AT&TがSun Microsystemsの首都に入り、OSがBSDベースのコードから(その後は)AT&T System Vリリース4に切り替わった後、Solarisの本格的な誕生は90年代にさかのぼります。

1992年から2010年までのほぼ20年間に、Sunは最初にそのSPARCアーキテクチャー、次にSPARC、UltraSPARC、x86そして最後にx86_64のためにそのOSの定期リリースを提供しました。 それぞれのリリースで新しいテクノロジのシェアが提供されます - それらのうちのいくつかはLinuxのような他のOSへの最近の移植のために知っているかもしれません:CacheFS、Dorace)、ZFS、DTrace、IPMP、Solaris Multiplexed I / O、または - SMFによる近代的なinitの置き換え。 1991年以来のOakプログラミング言語の開発については言及していません…そして商標の問題のために1995年にJavaという名前でリリースされました。

90年代はイノベーションの面で豊富で、その間、Sun Microsystemsは堅実で絶えず増加する収入を得ました。 残念ながら、これらの収入の大部分は「ドットコムバブル」の結果でした。 そしてバブルが崩壊した時、Sunは需要不足とそれに伴う重大な経済的損失に直面しました。

2005年にSunは別のモデルへの切り替えを試みてOpenSolarisプロジェクトを立ち上げました。 歴史上初めて、今後のSolaris 10のソースが利用可能になるでしょう。 コミュニティから絶賛されている間、オブザーバーは、その時点ですでにLinuxが占めていた優勢な立場を考えると、動きは遅すぎると予測しました。

そして確かに、彼らは正しかった。たった5年後の2010年、Sunはついにその競合他社のうちの1社、Oracle社に買収された。 すぐに、OracleはOpenSolarisプロジェクトを放棄し、クローズドソースモデルを使用してSolarisの開発を再開しました。 それは2011年から2015年までのSolaris 11.0から11.3のリリースにつながります。

Solarisはレガシーソフトウェアですか?

私たちの(私の?)Solarisへの添付ファイルに、おそらく懐かしさがあります。 しかし、Solarisは依然として堅牢で安全でスケーラブルなオペレーティングシステムです。 仮想化(ブランドゾーンを含むSolarisゾーン)、ソフトウェア定義型ネットワーク(Crossbow)、リアルタイム監視(DTrace)、およびフォールトトレランス(Solaris Fault Management、SMF)に対する強力でネイティブなサポートを考えると、クラウドコンピューティングインフラストラクチャに特に適しています。 これらのテクノロジの多くは、実際にはSolaris 10用に開発されたものであり、OpenSolarisプロジェクトに不可欠なものであることを言及する価値があります。

この記事の執筆中に、私は自分のWebサイトからダウンロードできるインフォグラフィックを描き始め、Solarisの長く複雑な歴史を要約しました。 とにかく、いくつかの工夫を凝らした後、Solarisはいくつかのプロジェクトを生み出しました。 それらを見てみましょう。

Solarisベースのオペレーティングシステム

1.イルモス

  • //www.illumos.org/projects
  • IA-32、x86-64、SPARC、ARM(これはまだ活発に開発されていますか?)
  • FOSS
  • 無料のOS / Net実装

今日のSolarisでのOracleの計画が曖昧なままであれば、暫定的なOpenSolarisプロジェクトが、Sun / Oracleの傘の外にあるSolarisベースのプロジェクトのための扉を開いたことを願っています。

その「無料の」Solarisエコシステムの礎石はillumosです。 illumosプロジェクトは、OpenSolarisのオープンで独立した後継者です。その主な目的は、 OS / Net 、つまりSolarisカーネル、ベースライブラリ、およびコアユーザーランドツールの開発を継続することです。 今日、OS / Netのillumos実装は、illumos-gateプロジェクトとして知られています。 そして、中心的なユーザランドユーティリティポートは、illumos-userlandプロジェクトの一部です。

illumos 自体はディストリビューションではありませんが、Oracle Solaris以外のすべてのディストリビューションではないにしても、ほとんどのベースとして機能します。 その中で最もよく知られているのはOpenIndianaです。

2. OpenIndiana

  • //www.openindiana.org/
  • x86-64
  • FOSS
  • デスクトップとサーバー用のillumosベースの配布

OpenIndianaは、Sun Indianaプロジェクトの続きです。 OpenSolarisはOS / Netのソースを提供することを目的としていましたが、IndianaプロジェクトはOpenSolarisの周りに完全なSolaris風のディストリビューションを提供することを目的としていました。

OpenIndianaは、OracleがSolaris関連のオープンソース開発のサポートを中止した後、2010年に発表されました。 当初OpenSolarisに基づいていましたが、プロジェクトは1年後にillumos OS / Netの実装に切り替えました。

今日、OpneIndianaは、Illumosベースの汎用配布物の事実上の標準です。 OpenIndianaは積極的にメンテナンスされており、サーバーとデスクトップ両方の使用に適しています。 後者のユースケースでは、他のプロジェクトが存在しますが、OpenIndianaが明らかに最も成功しています。

GUIバージョンのSolarisを探している場合、またはLinuxのバックグラウンドから来て、使い慣れたかなり快適な環境でSolarisを試してみたい場合は、OpenIndianaが確実に役立ちます。

3. OmniOSコミュニティエディション(OmniOSce)

  • //www.omniosce.org
  • r151022以降のx86-64、r151022より前のIA-32 / x86_64
  • FOSS
  • 2017年3月までOmniITによるバックアップ
  • サーバー用のillumosベースの配布

OmniOS Community Editionは、もともとOmniTIによってサポートされているOmniOSプロジェクトの続きです。 OmniOSの目的は、 「ZFS、DTrace、Crossbow、SMF、KVM、およびLinuxゾーンサポートを備えたillumosベースのサーバーOS」を提供することです。

OpenIndianaはサーバーアプリケーションに使用できる汎用ディストリビューションですが、OmniOSceはその目的のために特別に設計されています。 このプロジェクトは積極的に開発されており、6か月ごとに安定したリリースを提供し、2年ごとに長期的なサポートを提供することを目指しています。 これを書いている時点での最新のLTSバージョンはOmniOSce r151022です - そのサポートは2020年まで続くべきです(//www.omniosce.org/schedule.html)。

あなたのサーバー用のSolarisディストリビューションを探しているなら、OmniOSceが始めの場所です。

4. SmartOS

  • //www.joyent.com/smartos
  • x86-64
  • FOSS
  • Joyent / Samsungによるバックアップ
  • クラウドコンピューティングのためのillumosベースのハイパーバイザー

Linuxはよく知られており、さまざまなニーズを持つ多種多様なユーザーによって使用されています。 一方、Solarisは機密性が高く、ハイエンドアプリケーションとニッチ市場に限定されていました。 そして、OpenSolarisプロジェクトの一部としてソースをリリースしたことで、一部の企業は、運用上のニーズに合わせた非常に特殊なディストリビューションを開発し始めました。

これはSmartOSの場合です。 以前のディストリビューションとは反対に、これは「ライブ」ディストリビューションであり、その意味では完全にRAM上で動作します。 SmartOSは、USBデバイスから、ISOイメージから、またはPXEを介してネットワーク経由で(おそらく本番環境で選択した場合)起動します。

SmartOSの目的は、コンテナー用のゾーン(LXゾーン内のLinuxアプリケーションのベアメタルパフォーマンスを含む)と任意のOSを実行するためのKVMを使用して、完全な仮想化環境を提供することです。 ある意味では、SmartOSはOSではなくハイパーバイザーです。 SmartOSは、Joyent(最近Samsungが買収)によって開発され、独自に開発されたクラウドインフラストラクチャで使用される無料のオープンソースプロジェクトです。

SmartOSは、クラウドアプリケーション向けに構築されているため、仮想化環境やサーバー管理の経験がなければ、混乱を招く可能性があります。 しかし、VMware ESXiの無料代替品を探しているなら、SmartOSは間違いなく検討すべきillumosディストリビューションです。

5. NexentaStor

  • //nexenta.com/products/nexentastor
  • x86-64
  • 非FOSS
  • Nexenta Systemsによるバックアップ
  • ストレージアプリケーションのためのillumosベースの配布

完全にRAMから実行されることを考えると、SmartOSはアプライアンスやスマートデバイスの組み込みOSとして適しています。 しかし、その目的のために特別に設計されたillumosベースのディストリビューションが必要な場合は、NexentaStorを見てください。

言及する価値がある、以前のソリューションの反対として、NexentaStorはもはやオープンソースではありません。 その名前が示すように、ストレージデバイスおよびアプライアンス(NAS、SAN、iSCSI、またはファイバチャネルアプリケーション)に特に適しています。

NexentaStor Community Editionがありましたが、私が見たところでは、このプロジェクトは多かれ少なかれキャンセルされ、Nexenta WebサイトにログインしてNexentaStor 5.x CEをダウンロードしようとすると、最終的には「最大10TBの割り当て済みディスク容量の無料版」 。 ですから、私にとってはコミュニティ版ではなく体験版のように見えます。 それとも私は間違っていますか? あなたがそのトピックに関するより多くの情報を持っているならば、以下のコメントセクションを使うことを躊躇しないでください!

ここNexentaStorに言及する理由はJoyentと共にNexenta Systemsがillumosコミュニティの非常に活発なメンバーだったということです。 私たちが今日どんなIllumosベースのディストリビューションでも使うことができる多くの改良と機能の核心にあること。

上記のいくつかのプロジェクトは、明らかに今日のIllumosエコシステムの「ビッグネーム」です。 しかし、それ以外にも、Solarisが稼働し続けることを保証する、そして実際にはITランドスケープにおいて重要な役割を果たす、あまり知られていないプロジェクトです。

たとえば、MenloWareのMenloStorは、ZFSの機能とソフトウェアで定義されたillumosのネットワーク機能を活用して高度なストレージソリューションを提供しています。

または同様の市場をターゲットにしているnapp-itでは、自宅またはSOHO環境で無料で使用できます。 この記事の私の研究中に、私はDelphix OSについても言われました - 特にデータベースの保存とバックアップによく適しています。 しかし、私はこれを詳細に検討しなかったことを認めなければなりません。 最後に、業界でサポートされているディストリビューションの他に、Tribblixのようなあまり知られていないプロジェクトがいくつかあります。これは、制限のないSPARCや32ビットx86(IA-32)ハードウェアを含むリソース そしてそのリストには私が忘れていた素晴らしいプロジェクトが他にもたくさんあるでしょう。

どう思いますか?

この記事の執筆中に助けを与えてくれたPeter Tribble(Tribblixの作者)、Theo Schlossnagle、Jim Klimov、その他OmniOSメーリングリストのすべての人々に感謝します。 そしてもっと一般的に言って、あなたの素晴らしい仕事のためのillumosコミュニティ全体に感謝します!

それで、Solarisは死んでいますか? まあ、Solarisブランドかもしれません。 しかし、Solarisの精神と革新的な機能のそのユニークな組み合わせはまだ生きています。 そして元気です。

私はあなたが上で言及された一つか他のillumosディストリビューションを試すことを勧めます:少なくとも、あなたは何か違うものを発見するでしょう。 そして誰が知っている? たぶんあなたは、Solarisがあなたが探していたOSであることに気付くでしょう。 私自身としては、以下のコメント欄でSolaris / illumosに関するあなたのフィードバックを本当に楽しみにしています!

推奨されます

Atraci:Linux用のYouTubeベースのストリーミングミュージックプレーヤー
2019
マイクロソフトオープンソース推論.NET AIフレームワーク
2019
あなたはこのbashスクリプトパズルを解くことができますか?
2019