OPENSOURCECONF.ID:インドネシアの都市で開かれたオープンソース愛好家の集まり

OPENSOURCECONF.ID 2015は、インドネシアのペカンバル市でオープンソースの活動家、Linux愛好家、ITコミュニティが集まるコミュニティ収集イベントです。 会議は、現代のITオープンソースソフトウェア、Linux、デザイン、アプリケーション、ネットワーク、セキュリティなどに関する問題を議論するために開催されます。

イベントはPekanbaru市の231周年にあたる。 OPENSOURCECONF.ID 2015は、情報、知識、およびオープンソースの自由を共有するという精神を保ち、PekanbaruコミュニティでのLinux&FOSS移動の精神を推進し、オープンソースソフトウェアの利用を一般に奨励することを目指しています。

開催地および議題

このイベントは、2015年6月27日にペカンバルのイスラムセンターUIN SUSKA RIAUで開催されます。 以下はこのイベントの議題です。

  • 13:00〜13:40オープニングイベント
  • 13:40〜14:20 WR 与野 - 明確なOSインドネシア:オープンソースとコミュニティ。 クリアフレックスシェアOS
  • 14:20から14:50 Bobbyの息子 - puty:Ubuntuアプリケーションに関するBlenderの紹介
  • 14:50 to 15:20 Wedy Freddy Santoso - KPLI Pekanbaru:Apache WebサーバーとMySQLデータベースのレプリケーションのクラスタリング
  • 15時20分〜15時50分
  • 15:50〜16:20 Irvan - UXER:ソーシャルエンジニアリング+メタスプロイト(偵察から資格へ)
  • 16:20〜16:50 S Mhd Hafiz Fajri - CSIRT PCR:初心者向けの安全なWebのヒントと秘訣
  • 16:50〜17:30 Vicky Dasta - KSL UR:Ngidol Bot - Ngidol Lifeを実行するTwitterデータマイニングボット
  • 17:30〜18:10 アコースティック音楽、断絶する時間を待っています。
  • 18:10 - 終わりマグリブの祈りの時間、断食して、閉じて。

あなたが興味を持っていて、偶然インドネシアにいるならば、あなたはここでイベントに登録することができます。 イベントからのすべての利益は寄付に行きます、主催者を主張します。

推奨されます

Ubuntuの親会社CanonicalがIPOに向かっている
2019
WMail:GmailとGoogle Inbox用のLinuxデスクトップクライアント
2019
カナリア諸島、オープンソースで70万ユーロを節約
2019