オープンソースがヨーロッパを席巻しています!

近所のMappano(Italia)またはトリノは、そのITインフラストラクチャおよびeGovernementサービスに無料でオープンソースのソフトウェアを使用することにしました。

It FOSSを定期的にフォローするのであれば、今年初めに覚えていますが、ミュンヘンがフリーソフトウェアに戻ってきたことを後悔しています。 もちろん、Mappanoはミュンヘンではありません。 それは自治体的におよそ7000人の住民を数えていて、そしていくつかの領域の再会から2013年に設立されました。 この事件を面白くしたのは、最近まで、Mappanoが一時的に都道府県に管理されていたことです。 そして、2017年6月に初めてMappanoの最初の自治体が選出されました。

したがって、これは行政がITインフラストラクチャを最初から始める機会を持つというまれなケースです。 そしてそれは、自由でオープンソースのソフトウェアに基づいて彼らのインフラストラクチャとeGovernementサービスを構築することを新しく選出された評議会の最初の決定の1つでした。

そのニュースの中で、看板のない運動の指導部がヨーロッパの南に向かって動いているのを見る人もいるでしょうか。 多分。 そうでないかもしれない。 そこで私は、欧州連合全体の行政機関におけるオープンソースソフトウェアの採用について調査することにしました。

オープンソース天文台とリポジトリの紹介

Open Source Observatory and Repository(OSOR)は、行政で使用するためのオープンソースソリューションに関する情報、経験、およびベストプラクティスを交換するために欧州委員会によって開始されたプロジェクトです。

ここが私の主な情報源でした。 しかし残念なことに、OSORが大量の定性的データを提供している場合、利用可能な定量的データはそれほど多くありませんでした。 OSORは現在、2018年までに系統的データと集約データを提供することを検討しています。

それで、今日、私は私が探していた情報を得ることを試みるためにある準最適な発見的方法に頼らなければなりませんでした。 OSORは関連するメタデータとともにニュースフィードを提供します。 そこで、私は彼らのウェブサイトをクロールして、「eGovernance」タグを持つすべての「ニュース」を抽出し、それらを国別に分類しました。 あなたは私の(迅速で汚れた)抽出ツールをここで見つけることができます。

Gnuplot(スクリプトは上の要点リンクにあります)を使用して、私はそのグラフを作成することになります。

それは私たちに何を伝えていますか? さて、そのグラフは、日付ごとにそして国ごとにOSORによって公表されたニュースを示しています。 さらに、国を人口で昇順にソートしました。 むしろ、発表されたニュースでもっと注目を集めるために「より大きな」加盟国を見つけることが期待されています。

ヨーロッパの行政機関でオープンソースが普及

それにもかかわらず、OSORによると、2015年から2017年までの電子政府のニュース出版で最も頻繁に言及されている国は、最も頻繁に言及されている州から始まります。フランス、スペイン、ドイツ、イギリス、イタリア、オランダ、スウェーデン、そしてデンマーク。 これから始めて、私は特にこれらの8カ国に焦点を当てます。

2015-2017年の国ごとのOSORに関するeガバナンスのニュース出版物

あなたは、OSORニュースで引用されている国のトップ8に入ったいくつかの比較的「小さな」国に気付いたかもしれません:オランダ、スウェーデン、そしてデンマーク。 参考までに、スペインは46Mの住民を数えています。これはオランダの人口の2倍を超える人口(17Mの住民)です。

他の情報源によって確認された傾向

ウェブサイトに掲載されたニュースを数えることによって行政におけるオープンソースソフトウェアの採用に関して国の活力を測定することは、その活力の科学的証拠であることからはほど遠いです。 あなたが大学院生または研究者であるならば、それは多分それが選択する興味のあるトピックになるでしょう! ただし、定量的な調査が行われていないため、OSOR Webサイトをクロールして取得したデータに偏りがないかどうかはまだ疑問の余地があります。 それで、私はデータをグーグルサーチによって見つけられた同様のトピックのニュースの数と比較することによってデータをクロスチェックした。

イギリス(Google検索と比較してOSORで過少表示されている)とオランダ(Google検索と比較してOSORで過少表示されている)を除いて、結果はほとんど一貫しています。 イギリスの場合、考えられる説明の1つは、正確な文字列「イギリス」のみを検索したことです(「イギリス」は検索しません)。 さらに、「英国」や「英国」などで結果を集計すると、観察されたギャップを埋めるのに役立つ場合があります。

とにかく、グラフはフリーソフトウェアと行政について話しているニュース項目の数の継続的な成長を確認します。 少なくとも、これは単なる関心事ではなく傾向であることを確認できます。

サイズは本当にすべての違いを生むのですか?

その傾向を考えると、行政におけるオープンソースの採​​用は国の規模の問題なのでしょうか。 私はすでにそうではないと述べた。 しかし、それに加えて、比較的小規模な国々は、EUの主要国と同じくらい動的に見えます。 特に、スペイン(46Mの住民)はフランス(67Mの住民)またはドイツ(80Mの住民)よりもその地域では動的であるとここでは見えます。

その価値のために、私はグーグル検索から同じデータを取りましたが、最初にそれらを国の人​​口に応じて調整し、次に国内総生産に応じて調整しました。 そして明らかに、リーダーたちはもはや同じではないようです。

ここで結論を出すことの罠に陥ることはありません。 そのためには、もっと正確で比較可能なデータが必要です。 そして、あなたがそのようなデータをどこに見つけるべきか知っているならば、確かに私はあなたのことについて以下のコメント欄で聞きたいです。

とにかく、私たちがこれらのグラフを見ることで望むかもしれないことは行政によるオープンソース技術の採用はサイズや予算の問題ではありません。 これは政治的意思の問題です。

それは政治的意思の問題です

スペイン政府は、2007年以降、自治体が無料でオープンソースのソフトウェアを使用することを推奨しています。そして、公式のGitHubアカウントさえ持っています://github.com/ctt-gob-es

そして、これは確かにあなたがそこに表示される唯一の政府ではありません://government.github.com/community/

偶然でもそうでなくても、2007年には、公共および半公共部門でのオープンスペックとオープンソースソフトウェアの使用を奨励するために、 'The Open in Connection'計画が発表されました。 オープンソースソリューションへの初期の取り組みは、確かに私たちが今日見ているダイナミクスに不思議ではありません。

そして、ヨーロッパの他の主要な行政機関によって取られた同様のイニシアチブについてもっと学びたいならば、オープンソース天文台年次報告書2016を見て、2017 FOSDEMのために書かれたGijs Hilleniusによるこの素晴らしいプレゼンテーションを読むことをお勧めします。

最後に、私がもう少しよく知っている国について言えば、フランスも確かに活動的で、確かにeGovenmentに関するOSORニュースで最も頻繁に言及されている国です。 私たちが2012年に採択されたCirculaire Ayraultの完全な効果を見ることが将来もっと活発になることを願っています。そして、私たちはMounir Mahjoubi、デジタル問題担当フランス国務長官、そしてまったく新しいフランス政府は、オープンソースソリューションへの取り組みを強化します。 しかし、それだけで未来はわかりません。

しかし、 あなたの政府とあなたの公的機関はどうですか? あなたがどこに住んでいようが、EUの中でも世界中のどこでも、おそらくあなたの行政機関でのオープンソースソフトウェアの採用を容易にするためのイニシアチブがあります。 これらのイニシアチブが存在するときにそれらを促進するのは私たちの義務です。 そしてそれらのイニシアチブを奨励するための最初のステップはそれらについて話すことです。

それで、あなたがブログを持っているなら、なぜそれについて公表しませんか? あるいは、以下のコメント欄を使用して、あなたの経験と希望をデジタル行政およびそこでのFOSSの採用と共有してください。

推奨されます

Ubuntu 13.04からUbuntu 13.10 Betaにアップグレードする方法
2019
Pine64はKDE Plasmaを実行するLinuxスマートフォンに取り組んでいます
2019
Linuxコンピュータを購入できる10の場所
2019