いいえKDEing! Linux MintがそのKDE版を殺している

概要:近日リリース予定のKDEバージョンのLinux Mint 18.3が、KDE ​​Plasma Editionの最後の機能となります。 つまり、Linux Mint 19以降にはKDE版はありません。

Linux Mint KDE Editionはもうすぐ歴史になるでしょう。 Linux Mintプロジェクトの責任者であるClement Lefebvreが、ブログの中でプロジェクトの今後の計画を詳述したものを発表しました。 「過去に行われたことに続き、Linux Mint 18.3にはKDEエディションが搭載される予定ですが、それが最後のリリースになるでしょう」

つまり、Linux Mint 19は、Cinnamon、Xfce、MATEの各エディションでのみ利用可能になります。 Clement氏によると、KDEアプリ、エコシステム、QTツールキットは現在のプロジェクトと「共通点がほとんどありません」。 KDEをやめたもう1つの理由は、MintチームがXed、Mintlocale、Blueberry、Slick Greeterなどのツールの機能開発に熱心に取り組んでいるが、それらはKDEではなくMATE、XfceおよびCinnamonでしか動作しないことです。

彼はまた、プロジェクトがLinuxのより大きな市場を引き付けるために多様化したいと思うのと同じくらい彼らが「うまくやっていることに焦点を当てたい」と言った。 KDEは素晴らしいですが、私たちが注力したいのはそれではありません。」

しかし、この発表はKDEユーザーにとってはLinux Mint 19の上にKDEを(非公式に)インストールすることができ、またMintソフトウェアをKubuntuに移植することができると述べているため、やや軟らかかった。 KDEユーザーがArch Linuxを「上流のKDEをもっと詳しくフォローする」ように試みることもできるという提案もありました。

Linux Mint 18.3のコードネームは「Sylvia」になり、来月リリースされる予定です。 それはFlatpak包装のサポートをするでしょう。 最新のCinnamon 3.6もこの次期リリースに含まれる予定です。

良い面では、Linux Mintを使い続ける人は、Mintをより良いオペレーティングシステムで構築するためにより多くの時間を費やすことができるようになるので、より良い経験を持つようになります。

Linux MintがKDEを削除したことについてどう思いますか?

推奨されます

デフォルトでHDMIが有効になっているのでUbuntu 14.04で音がしない
2019
ターミナルにASCIIアートでLinuxディストリビューションのロゴを表示する
2019
最新のSolus ISOスナップショットにGNOMEが含まれる
2019