MariaDB:オープンソースを保存または破壊する可能性のあるソフトウェア

データベースエンジンを探す理由がない可能性はかなりあります。たとえそうであったとしても、選択は3つの上位候補のうちの1つに及ぶかもしれません。 しかし、厄介で弱者なMariaDBエンジンについてはもっと深い話がありますが、それは 'Free'と 'Open Source'ソフトウェアの違いについてです。 私たちが知っているように、そして将来もそうであるように、それはソフトウェアの将来についてもです。

MySQLの作成者から

MySQLとMariaDBの父である“ Monty” Widenius。

Michael“ Monty” Wideniusは、オープンソースソフトウェアの概念の一種の英雄です。 1996年に彼は現在使用されている最も普遍的なデータベースエンジンの1つ、MySQLをリリースしました。 それを聞くことなしにプログラミングの世界の大部分に行くことは困難であり、そしてその単純さのために、それはリレーショナルデータベースに不慣れな開発者のためのトレーニンググラウンドとしてしばしば使用されます。 このオープンソースプロジェクトは大成功を収め、Sun Microsystems(現在のOracle)は2008年に驚異的な10億ドルでそれを購入しました。

この時点までのオープンソース企業のモデルは、自社のソフトウェアのデュアルライセンスを提供することでした。 MySQLを中心に成長した企業であるMySQL ABは、GPLバージョンのエンジンを無料で提供するだけでなく、より閉鎖的な環境でエンジンを使用したい企業にも従来のライセンスを販売しました。 その他の収入源には、ユーザーに対するコンサルティングおよび認定トレーニングがあります。 Wideniusの望みは、Sunがソフトウェアにこのオープンな姿勢を保ちながらMySQLに必要なサポートを提供できることでした、残念ながら、そうではありませんでした。

MySQLはまだ無料ですか?

Wideniusの子供の一人にちなんで名付けられたMySQLは、まだFOSSコミュニティに属しているとあなたは主張するかもしれません。それはフリーソフトウェアであり、あなたは正しいでしょう。 しかし、それはオープンソースではありません。 Sunが権利を購入したとき、それはコード更新の利用可能性を閉鎖したので、生産は公にではなく社内で継続するでしょう。 これにより、製品の販売方法が異なり、サポートとトレーニングを組み込んでライセンスに大きく依存することができました。エンジンはまだ無料ですが、オラクルの発言なしに精査しレビューすることはできません。

これが、Wideniusが、Sunの購入からわずか数ヶ月後の2009年にMySQLから離れ、別の彼の娘にちなんで名付けられたMariaDBと呼ばれるプロジェクトのフォークを作成した理由です。 MariaDBの目的は、MySQLの背後にあるコアコードをオープンソースプロジェクトとして維持することです。 実際には、すでに作成したSQLコードがMariaDBで機能しないケースはほとんどありません。 Wideniusは、プロジェクトをオープンソースに保ち、貢献することに興味を持っている開発者のためにMariaDB Foundationと呼ばれる一元化されたコミュニティ構造を作成するという意図の周りに基盤を形成しました。

オープンソースからビジネスソースへ

あなたは様々なオープンソースライセンスを知っているかもしれません。 2016年8月、MariaDBは、オープンソースソフトウェアのビジネスモデルであるMaxScale 2.0ベータ版のBusiness Source Licenseをベースにした新しいライセンスを発表しました。 このライセンスの機能の1つはサンプルコードモデルです。このコードモデルでは、ソフトウェアはテスト目的で限られた台数のマシンで自由に使用できますが、企業規模で使用する場合はライセンスが必要です。

このライセンスは非常に新しいので、それが実際にどれほど効果的であるかを見るにはしばらく時間がかかりますが、当初は他の多くの利用可能なビジネスライセンスのライトバージョンのようなモデルの質問を生み出しました。 このライセンスを他の分野とは一線を画す機能の1つは、ライセンス機能にオープンソースの日付を含めることです。 アイデアは、このエンタープライズライセンスの期限をコミュニティでの使用に制限するように設定することです。

Wideniusは、オープンソースモデルがサポートに直接つながるソフトウェアに対する「宗教的な」信念から離れる必要性について声を上げています。 彼はオープンソースがソフトウェアを開発するための最良の方法の1つであると今でも信じていますが、それらのプロジェクトを開発し続けるために持続可能なビジネスモデルを作成することの課題にますます気付いています。

MariaDB財団のガバナンスページをチェックして、ソフトウェアをオープンソースに保つという目的について、またはMariaDB Webサイトでデータベース自体についてもっと学んでください。 あなたがオープンソースプロジェクトのための「ビジネスモデル」についてどう思うかコメントで私達に知らせてください。

推奨されます

バルセロナ市、Linuxとオープンソースを支持してマイクロソフトを結成
2019
LinuxユーザーがMeltdownと、CPUに影響を与えるspecterのバグについて知っておくべきこと
2019
注目に値するインシデント:Linuxカーネルメーリングリストのウェブサイトは何日にもわたってダウン
2019