UCS App Centerで数回のクリックでさまざまなエンタープライズアプリケーションをインストール

スマートフォンの台頭以来​​、コンピュータソフトウェア用のデジタル配信プラットフォームは、「アプリケーション」としてのアプリケーションの使用を増加させてきました。 この分野の主な企業はアップルとグーグルで、ダウンロードして人々の携帯に統合するのが簡単なあらゆる種類のアプリを提供しています。

しかし、オンプレミスとクラウドの両方で使用できる組織のサーバーアプリケーションとビジネスアプリケーションはどうでしょうか。 ほんの数クリックで、さまざまなエンタープライズアプリケーションをインストールしてIT環境に統合できますか。

Univentionは、フリーでオープンソースのサーバーおよびID管理ソリューションであるUnivention Corporate Server(UCS)のメーカーであり、そのようなプラットフォームがなかったため、2012年にUCS独自のアプリ市場Univention App Centerを開発しました。 App Centerは改良され、大きく成長しました。

主な、ビジネス関連の特徴は次のとおりです。

  • オープン構造、ベンダーロックインなし
  • さまざまな独立系ソフトウェアベンダーから、主にオープンソースベースの成熟した有名なアプリケーションを多数提供することで、選択肢を提供します。
  • 簡単なインストールと既存のITインフラストラクチャへの簡単な統合
  • Univention管理コンソールによるアプリの集中管理
  • オンプレミスでクラウドにインストールする可能性
  • クラウド向けに事前設定されたUniventionアプリケーション、およびVMware、VirtualBox、KVM向けの仮想化ソリューションを提供
  • ユーザーのシングルサインオンとパスワードによるセルフサービス
  • インストールされているすべてのアプリの統合ライフサイクルとパッチ管理

アプリのインストールと集中管理

Univention App CenterはUnivention管理コンソールの不可欠な部分であり、数回クリックするだけでアプリをインストールできます。

ほとんどのアプリは、Active DirectoryやLDAPディレクトリなどの基本設定と基本データを採用することで、UCS管理システムに自動的に統合されます。 各アプリケーションに対するユーザー固有の権限は、必要に応じて後で割り当てることができます。 インストールが完了したら、ユーザーをソリューションに追加してアクセスを許可できます。 パスワードはUnivention管理コンソールを介して一元的に管理され、ユーザーはUCSセルフサービスを介して自分でパスワードを変更できます。

もう1つの便利な機能は、App Centerがすべてのアップデートを提供し、いつ、どのアップデートを実行するかを集中的に調整できることです。 したがって、あなたのITは常に最新かつ安全です。 新しいアップデートを自動的に実行するように選択することもできます。 この集中化と自動化の可能性は、管理作業を大幅に省くことができます。

アプリケーションの範囲

以下の分野をカバーする多種多様なソリューションがあります。

  • グループウェアとコラボレーション
  • エンタープライズリソースプランニング
  • バックアップと監視
  • セキュリティ
  • コンテンツおよび文書管理システム
  • ファイルと印刷の管理
  • 仮想化
  • システムサービス
  • 教育

興味深いことに、Univention CEOのPeter Gantenは、9月にApp Centerのチャートリストを公開しました。 これによると、最も人気のある社内アプリは、Sambaソフトウェアを使用してUCSをActive Directoryサービスで拡張するActive Directory互換ドメインコントローラアプリです。 サードパーティベンダーのトップアプリには、ownCloud、Kopano、OX App Suite、Nextcloud、Let's Encryptがあります。 こちらが最新のThird Univentionアプリチャートです。

Dockerテクノロジの統合

2015年にアプリパッケージ用のDockerテクノロジの実装を開始して以来、ユーザーとプロバイダの両方に利便性が向上しています。 Dockerベースのアプリのカプセル化により、セキュリティとシンプルさが向上します。 アプリは、同じシステム上で実行されている他のアプリのパフォーマンスには影響しません。 1つのアプリケーションでエラーや問題が発生しても、基盤となるUCSホストシステムや同じサーバ上で動作している別のアプリケーション環境に影響を与えたり、何らかの形で妨げたりすることはできません。

そのため、互換性の問題にあまり注意を払うことなく、新しいアプリケーションバージョンをインストールしたり、構成ファイルをベンダによって簡単に置き換えることができます。 すべてのアプリのDockerizationはまだ進行中ですが、ほとんどのアプリはそれに応じて既に変更されています。

仮想Univention Appアプライアンス

WebサイトのUnivention App Catalogから入手できるアプリケーションの中には、VMWare、VirtualBox、およびKVM用の事前設定済みの仮想イメージを提供するものがあります。 それらは事前設定されたアプリとアプリ自体とそのユーザーを管理するための管理システムを含む事前設定されたUCSシステムを含みます。 これらのイメージはすぐに使用でき、App CenterからAppを最初にインストールしなくても、クラウドでテストまたは使用する際に非常に役立ちます。

Univentionアプリは、OX App Suite、ownCloud、Nextcloud、Kopano、OpenProjectなどの一般的なアプリで既に利用可能です。

アプリプロバイダーのための特別機能

アプリ設定

アプリプロバイダーに付加価値を与えるまったく新しい機能は、ユーザーの設定プロセスを容易にする可能性です。 ユーザーが「App Settings」を介してアクセスできる事前設定された設定フォームを作成することで、アプリプロバイダーはUCSでのアプリの統合の深さを改善し、ユーザーの設定を簡素化することができます。

アプリのブランディング

アプリプロバイダーにとってのもう1つの興味深い機能は、App Centerで仮想App Applianceに独自のコーポレートブランドを選択できることです。 この機能のおかげで、Bootsplash、ウェルカムスクリーン、UCSシステムのセットアップ、ポータルなどの領域には、それぞれのアプリの色とロゴが表示されます。

マーケットプレイスとしてのUnivention App Center

アプリはApp Centerからも購入できます。 提供内容はそれぞれのアプリに依存し、主に組織に必要なユーザー数に合わせたサブスクリプションおよびサポートパッケージの拡張が含まれます。 App Centerの「Shop」は、顧客とリセラーの両方が使用できます。 購入プロセスを簡素化し、一元化します。 さらに、それは市場の概念を完成させます。

結論

Univentionのビジョンは、数回クリックするだけでインストールでき、オンプレミスでもクラウドでも一元管理できる、さまざまなアプリケーション用のオープンで透明でベンダーに依存しないプラットフォームを提供することです。 このApp Centerを使用すると、UCSで管理しやすいアプリケーションとサービスがすでに大量に提供されます。

App Centerがどのように開発されたかを見れば、それは非常に注目に値します。 開始以来、利用可能なアプリの数は90以上のソリューションに成長し続けています。 App Centerは、UCS用の多くの追加コンポーネントを含む成熟した有名なオープンソースソフトウェアを提供するだけでなく、重要なことはオープンであり、ユーザーが自分の環境を管理できるようにすることです。 閉じた雲の形の罠扉はなく、ユーザーはアプリケーションの全範囲について自由に選択することができますし、Dockerテクノロジを使用することで、ソリューション間の不要な相互依存や摩擦がなくなり、ドメインがなくなります。

だから、それを試してみてください! App Centerからアプリをインストールする方法の詳細については、「Univention Corporate Server(UCS)をホームサーバーとして使用する」の記事を参照してください。

推奨されます

バルセロナ市、Linuxとオープンソースを支持してマイクロソフトを結成
2019
LinuxユーザーがMeltdownと、CPUに影響を与えるspecterのバグについて知っておくべきこと
2019
注目に値するインシデント:Linuxカーネルメーリングリストのウェブサイトは何日にもわたってダウン
2019