Ubuntu LinuxでSwiftプログラミング言語を使用する方法

Appleは、そのプログラミング言語SwiftがLinux用のポートを持つオープンソースになると発表しました。 これは、マイクロソフトのオープンソースの.netと同じくらいLinuxユーザーにとって大きなニュースでした。 もしあなたがLinuxSwiftを使うことについて知りたくないのであれば、私はあなたのための基本的なチュートリアルを持っています。

このチュートリアルはLinuxでSwiftを使い始めるのに役立ちます。 チュートリアルには、LinuxへのSwiftのインストールと、Swiftで最初の「Hello World」プログラムを作成するための環境設定の手助けが含まれています。

ここで注意すべきことは、この記事を書いている時点では、Linux用のSwiftはまだ開発中です。 あなたは時々問題を経験するかもしれません。 このチュートリアルではUbuntu 15.10を使用していますが、Ubuntu 14.04でも同じ手順を使用できます。

Ubuntu LinuxにSwiftをインストールする

ステップ1:ファイルをダウンロードする

アップルはUbuntu用のスナップショットを提供しました。 下のリンクからファイルをダウンロードできます。 ファイルのサイズは約90 MBです。

Swift for Ubuntuをダウンロード

あるいは 、以下のコマンドを使用して、それぞれのUbuntuバージョン用のSwiftをダウンロードできます。 ファイルは定期的に更新されており、下記のコマンドのリンクはもうすぐ古くなる可能性があるため、上記のリンクを使用することを強くお勧めします。

Ubuntu 14.04の場合は、以下のコマンドを使用します。

wget //swift.org/builds/ubuntu1404/swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-10-b/swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04.tar.gz 

Ubuntu 15.04の場合は、以下のコマンドを使用してください。

 wget //swift.org/builds/ubuntu1510/swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-10-a/swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-10-a-ubuntu15.10.tar.gz 

ステップ2:ファイルを抽出する

ターミナルで、以下のコマンドを使用してDownloadsディレクトリに切り替えます。

 cd ~/Downloads 

そしてここで、ダウンロードしたファイルを解凍します。

 tar -xvzf swift-2.2-SNAPSHOT* 

これにより、swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-10-a-ubuntu 15.10(または同様のもの)という名前のディレクトリが作成されます。

ステップ3:環境変数を設定する

ファイルを解凍したら、プログラムを実行できるようにバイナリへのパスを設定します。

解凍したディレクトリにusr / binディレクトリがあります。 このパスをPATH環境変数に追加する必要があります。 これには、抽出したディレクトリへの「絶対パス」が必要です。

あなたが私が述べた正確なステップに従ったことを考えると、あなたの抽出されたファイルは/ home / Downloadsの場所にあるでしょう。 初心者のためだけに、これをすることをお勧めします。

 cd ~/Downloads/swift-2.2-SNAPSHOT* 
 cd usr/bin 
 pwd 

pwdの結果はあなたが私たちが使うことになる正確な場所をあなたに与えるでしょう。 そのため、binディレクトリへのパスがわかったら、このようにPATH変数に追加します。 下記のコマンドでpath_to_swift_usr_binの値を変更してください。

 export PATH=path_to_swift_usr_bin:$PATH 

このスクリーンショットは手順を理解するのに役立ちます。

Linuxのコマンドラインの経験が少しでもあれば、これらの指示は退屈で退屈なものになるでしょうが、Linuxのコマンドラインを使いこなすのが難しい人には役立つかもしれません。

ステップ4:依存関係をインストールする

SwiftをLinuxで動作させるには、いくつかの依存関係をインストールする必要があります。 それらをインストールするには、以下のコマンドを使用してください。 ダウンロードサイズは約260 MBです。

 sudo apt-get install clang libicu-dev 

ステップ5:インストールを確認する

Swiftがインストールされているかどうかを確認するには、以下のコマンドを使用してください。

 swift -version 

結果は次のようになります。

Swiftバージョン2.2-dev(LLVM 7bae82deaa、Clang 53d04af5ce、Swift 5995ef2acd)

ターゲット:x86_64-unknown-linux-gnu

LinuxでSwiftでプログラムを書く

すべての準備が整ったら、次に簡単なプログラムを作成します。

1. REPLを使う

Swiftには、独自の対話型シェルREPLが付属しています。ここでは、いくつかのコマンドを実行できます。 誰かが迅速にSwiftコードを検証したい場合、これは良いことです。

swiftを実行したばかりの場合は、REPLが起動され、ここに「Hello World」を間違いなく印刷できます。 たとえば、このスクリーンショットを見てください。

シェルから出るには:qを使用する必要があります。

しかし、このREPLシェルはアプリケーションを構築するのに十分ではありません。 それは違う手順です。

2.サンプルSwiftプロジェクトを構築する

このパートでは、Hello Worldを印刷するSwiftプロジェクトの作り方を説明します。 結局、ほとんどのプログラミング言語のチュートリアルはHello Worldで始まります。

選択したディレクトリに、Helloディレクトリを作成してそれに切り替えます。

 mkdir Hello 
 cd Hello 

HelloというSwiftパッケージを作成しました。 しかし、各パッケージにはPackage.swiftファイルがなければならないため、まだ完全ではありません。 このコマンドを使用してこのファイルを作成します。

 touch Package.swift 

main.swiftファイルを含むSourcesディレクトリが必要です。

 mkdir Sources 
 touch Sources/main.swift 

それでは、このmain.swiftファイルを編集してください。 グラフィカルなテキストエディタを使うことも、コマンドラインでそれを行うこともできます。 ファイルに次の行を追加するだけで済みます。

 print("Hello, world") 

以下のコマンドを使ってコンパイルしましょう。

 swift build 

これにより、.build / debug / Helloの実行可能プログラムが作成されます。 プログラムを実行すると、Hello、worldが出力に表示されます。

 .build/debug/Hello 

あなたにアイデアを与えるためのスクリーンショット:

次の一歩

最初に述べたように、このチュートリアルではSwiftプログラミングについて説明しません。 これは、LinuxでSwiftを使い始めるための設定と設定の詳細です。

Xcodeとは異なり、Playgroundを使ってiOSアプリを簡単に作成することはできません。 実際、LinuxにはSwift用のまともなIDEはまだありません。 SwiftのプログラミングとデバッグにAtomを使うことができますが、Xcodeと同じ経験ではありません。

あなたがLinuxでSwift上であなたの最初のプログラムを作ったばかりなので、私はあなたが公式のSwiftウェブサイト上の他のチュートリアルとドキュメンテーションに従うことを勧めます。

推奨されます

Ubuntuがローリングリリースディストリビューションになるには?
2019
UbuntuでGuestアカウントを無効にする方法
2019
digiKam 5.0がリリースされました。 Ubuntu Linuxにインストールする
2019