デフォルトでRaspberry PiをGUIに起動させる方法

Raspberry Piを買ってから何度かありましたが、正直なところ、ほとんど何もしませんでした。 私のDell UltrabookはDellのサービスセンターに入っているので(今週)、代わりにRaspberry Piをもう一度使い始めました。

私は以前にUbuntuのSDカードにRaspbian OSをインストールする方法について書いたことがあります。 もう一度同じことをして、もう一度Raspberry Piをインストールしました。 最初の実行で見逃したのは、GUIをセットアップすることだけでした。 そして、再びラズベリーパイで起動したとき、私は直接コマンドラインに入った。 では、 どのようにしてRaspbian GUIを実行しますか?

Raspbian GUIブートを設定する

あなたが初めてRaspbianをインストールするとき、それは確かに最初の使用のために設定するためのいくつかのオプションを提示します。 しかし、私は急いで注意を払っていなかったので、私はただその画面でタブ付けをしただけです。 あなたが同じ状況に直面し、Raspbian OSでコマンドラインだけで終わってしまうのであれば、絶望する必要はありません。デフォルトでRaspberry PiをGUIで起動するように設定するのはとても簡単です。 やり方を見てみましょう。

ステップ1:

コマンドラインに入ったら、デフォルトのユーザーパスワードでログインします(変更しなかった場合)。 Raspbian OSのデフォルトユーザーはpiで、デフォルトパスワードはraspberryです。

ステップ2:

ログインしたら、次のコマンドを実行します。

sudo raspi-config 

このコマンドはRaspberry Piの設定を開きます。これは最初の起動で見たのと同じです。

ステップ3:

この設定画面で、 デスクトップ/スクラッチへの起動を有効にするオプションを探します。 矢印、タブ、または入力キーの組み合わせを使用して選択します(使用されているものは忘れています)。

ステップ4:

次の画面で、グラフィカルデスクトップでユーザ「Pi」としてデスクトップログインを選択します

ステップ5:

後で再起動するように求められます。

次回の起動時には、LXDEデスクトップ環境にログインします。 そして、あなたはRaspberry PiでGUI体験を楽しむことができます。

このチュートリアルが、デフォルトでGUIで起動するようにRaspberry Piを設定するのに役立ったと思います。 あなたの質問や提案をコメント欄にどうぞ。

推奨されます

Ubuntu LinuxにPandoraラジオクライアントPithosをインストールする
2019
Linuxでapt-getコマンドを使用する
2019
イリジウムブラウザ:プライバシーを意識したブラウザ
2019