Arch Linuxのインストール方法

簡単な説明:このチュートリアルではArch Linuxを簡単にインストールする方法を説明します。

Arch Linuxは、DIY愛好家やハードコアなLinuxユーザーの間で人気のあるx86-64汎用のLinuxディストリビューションです。 デフォルトのインストールでは最小限の基本システムのみが対象となり、エンドユーザーはそれを構成して使用することを期待されています。 KISSに基づいて - それをシンプルに保つ、愚かな! 原則として、Arch Linuxは優雅さ、コードの正確さ、ミニマリストのシステム、そしてシンプルさを重視しています。

Arch LinuxはRollingリリースモデルをサポートし、独自のパッケージマネージャ - pacmanを持っています。 最先端のオペレーティングシステムを提供することを目的として、Archは最新のリポジトリを見逃すことはありません。 それが最小の基本システムを提供するという事実はあなたにそれをローエンドのハードウェアでさえインストールしてそれからそれの上に必要なパッケージだけをインストールする選択を与える。

また、ゼロからLinuxを学ぶための最も人気のあるOSの一つです。 あなたがDIYの態度で実験したいのなら、Arch Linuxを試してみるべきです。 多くのLinuxユーザーがLinuxのコアエクスペリエンスを検討しているのです。

この記事では、Arch Linuxをインストールしてそれをデスクトップ環境にする方法を説明します。

Arch Linuxのインストール方法

ここで議論する方法はあなたのコンピュータから既存のオペレーティングシステムを一掃し 、そこにArch Linuxをインストールすることです。 あなたがこのチュートリアルに従うつもりなら、あなたがあなたのファイルをバックアップしたかどうかを確かめてくださいそうでなければあなたはそれの全てを失うでしょう。 あなたは警告されました。

しかし、Arch LinuxをUSBからインストールする方法を見る前に、以下の要件があることを確認してください。

Arch Linuxをインストールするための要件:

  • x86_64(つまり64ビット)互換機
  • 最低512 MBのRAM(2 GBを推奨)
  • 1 GB以上の空きディスク容量(基本的な用途には20 GBを推奨)
  • アクティブなインターネット接続
  • 最小2 GBの記憶容量を持つUSBドライブ
  • Linuxコマンドラインに精通していること

すべての要件を満たしていることを確認したら、Arch Linuxのインストールに進みましょう。

ステップ1:ISOをダウンロードする

ISOは公式Webサイトからダウンロードできます。 Arch Linuxは最小限のインストールのために最低512 MBのRAMと800 MBのディスクスペースを持つx86_64(すなわち64ビット)互換マシンを必要とします。 ただし、GUIを問題なく動作させるには、2 GBのRAMと少なくとも20 GBのストレージを用意することをお勧めします。

ステップ2:Arch LinuxのライブUSBを作成する

ダウンロードしたISOからArch LinuxのライブUSBを作成する必要があります。

Linuxを使用している場合は、 ddコマンドを使用してライブUSBを作成できます。 以下の例では、 / path / to / archlinux.isoをISOファイルをダウンロードしたパスに、 / dev / sdxをドライブに置き換えます。 lsblkコマンドを使ってドライブ情報を取得できます。

dd bs=4M if=/path/to/archlinux.iso of=/dev/sdx status=progress && sync 

Windowsでは、ライブUSBを作成するためのツールがいくつかあります。 推奨ツールはRufusです。 これまでに、Rufusを使用してAntergos LinuxのライブUSBを作成する方法についてのチュートリアルを説明しました。 AntergosはArchをベースにしているので、同じチュートリアルに従うことができます。

ステップ3:ライブUSBから起動する

Arch Linux用のライブUSBを作成したら、PCをシャットダウンしてください。 USBを差し込んでシステムを起動します。 起動中にF2、F10またはF1を押し続けて起動設定に入ります。 ここでは、USBまたはリムーバブルディスクから起動するように選択します。

それを選択すると、次のようなオプションが表示されます。

Boot Arch Linux(x86_64)を選択してください。 さまざまなチェックの後、Arch Linuxはrootユーザーでログインプロンプトを表示します。

次のステップでは、ディスクのパーティション分割、ファイルシステムの作成、マウントを行います。

ステップ4:ディスクのパーティション分割

最初のステップはハードディスクのパーティション分割です。 単一のルートパーティションは、ルートパーティション(/)、スワップファイル、ホームパーティションを作成する最も簡単なものです。

Arch Linuxをインストールしたい19 GBのディスクがあります。 ディスクを作成するには、次のように入力します。

 fdisk /dev/sda 

新しいパーティションには「 n 」と入力します。 1次区画に「 p 」を入力して、区画番号を選択します。

最初のセクターが自動的に選択されているので、Enterキーを押すだけです。 [最後のセクタ]に、このパーティションに割り当てるサイズを入力します。

homeとswapについても同様に2つのパーティションを作成し、 ' w 'を押して変更を保存して終了します。

ステップ4:ファイルシステムを作成する

3つの異なるパーティションを作成したので、次のステップはパーティションをフォーマットしてファイルシステムを作成することです。

ルートパーティションとホームパーティションにはmkfsを使用し、スワップ領域を作成するにはmkswapを使用します。 ext4ファイルシステムでディスクをフォーマットしています。

 mkfs.ext4 /dev/sda1 mkfs.ext4 /dev/sda3 mkswap /dev/sda2 swapon /dev/sda2 

これらのファイルシステムをrootとhomeにマウントしましょう。

 mount /dev/sda1 /mnt mkdir /mnt/home mount /dev/sda3 /mnt/home 

ステップ5:インストール

パーティションを作成してマウントしたので、ベースパッケージをインストールしましょう。 基本パッケージには、システムの実行に必要なすべてのパッケージが含まれています。その中には、GNU BASHシェル、データ圧縮ツール、ファイルシステムユーティリティ、Cライブラリ、圧縮ツール、Linuxカーネルお​​よびモジュール、ライブラリパッケージ、システムユーティリティ、USBデバイスユーティリティなどがあります。 、viテキストエディタなど

 pacstrap /mnt base base-devel 

ステップ6:システムの設定

fstabファイルを生成して、ディスクパーティション、ブロックデバイス、またはリモートファイルシステムをファイルシステムにマウントする方法を定義します。

 genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab 

ルートを新しいシステムに変更します。これにより、現在実行中のプロセスと子プロセスのルートディレクトリを変更できます。

 arch-chroot /mnt 

アクティブなdbus接続を必要とするsystemdツールの中には、chrootの中では使用できないものがあるので、終了した方が良いでしょう。 chrootを終了するには、以下のコマンドを使います。

 exit 

ステップ7.タイムゾーンを設定する

タイムゾーンを設定するには、以下のコマンドを使用します。

 ln -sf /usr/share/// /etc/localtime 

ゾーンのリストを取得するには、次のように入力します。

 ls /usr/share/zoneinfo 

ハードウェアクロックを設定するには、hwclockを実行します。

 hwclock --systohc --utc 

ステップ8.ロケールを設定する

ファイル/etc/locale.genには、コメント付きの形式ですべてのローカル設定とシステム言語が含まれています。 viエディタを使用してファイルを開き、好みの言語のコメントを外します。 私はen_GB.UTF-8のためにそれをしました

以下のコマンドを使用して/ etcディレクトリファイルにロケール設定を生成します。

 locale-gen echo LANG=en_GB.UTF-8 > /etc/locale.conf export LANG=en_GB.UTF-8 

ステップ9.ブートローダをインストールし、ホスト名とルートパスワードを設定する

/ etc / hostnameファイルを作成し、一致するエントリをhostに追加します。

127.0.1.1 myhostname.localdomain myhostname

ホスト名としてItsFossArchを追加しています。

 echo ItsFossArch > /etc/hostname 

そして/ etc / hostsファイルに。

ブートローダをインストールするには、以下のコマンドを使います。

 pacman -S grub grub-install /dev/sda grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg 

rootパスワードを作成するには、次のように入力します。

 passwd 

希望のパスワードを入力してください。

完了したら、システムをアップデートしてください。 最新のISOファイルをダウンロードしたので、既に更新されたシステムがある可能性があります。

 pacman -Syu 

おめでとうございます。 最小のコマンドラインArch Linuxをインストールしました。

次のステップでは、Arch Linux用のデスクトップ環境またはグラフィカルユーザーインターフェースの設定方法を見ていきます。 私はGNOMEデスクトップ環境の大ファンです、そして私たちは同じものをインストールしようとしています。

ステップ10:デスクトップ環境をインストールする(この場合はGNOME)

デスクトップ環境をインストールする前に、まずネットワークを構成する必要があります。

下記のコマンドでインターフェース名を見ることができます。

 ip link 

私にとっては、 enp0s3です。

ファイルに次のエントリを追加します。

 vi /etc/systemd/network/enp0s3.network [Match] name=en* [Network] DHCP=yes 

保存して終了。 変更を反映するためにsystemdネットワークを再起動してください。

 systemctl restart systemd-networkd systemctl enable systemd-networkd 

そして/etc/resolv.confファイルに以下の2つのエントリを追加します。

 nameserver 8.8.8.8 nameserver 8.8.4.4 

次のステップはX環境をインストールすることです。

下記のコマンドを入力してXorgをディスプレイサーバーとしてインストールします。

 pacman -S xorg xorg-server 

gnomeはベースのGNOMEデスクトップを含みます。 gnome-extraには、GNOMEアプリケーション、アーカイブマネージャ、ディスクマネージャ、テキストエディタなどが含まれています。

 pacman -S gnome gnome-extra 

最後のステップはArch用にディスプレイマネージャGDMを有効にすることです。

 systemctl start gdm.service systemctl enable gdm.service 

システムを再起動すると、GNOMEログイン画面が表示されます。

Arch Linuxインストールの最後の言葉

It's FOSS読者のGonzalo Tormoによる同様のアプローチがこのビデオ(コマンドを見るためにフルスクリーンで見る)で示されています。

Arch LinuxをインストールするのはUbuntuをインストールするのと同じくらい簡単ではないことを今までに気付いたかもしれません。 しかし、少しの忍耐力で、確実にそれを達成し、それからあなたがArch Linuxを使っていることを世界に伝えることができます。

Arch Linuxのインストール自体にはたくさんの学習があります。 私はArch Linuxをインストールした後に他の様々なデスクトップ環境をインストールするためのステップを見つけてそしてOSについてもっと学ぶことをするであろういくつかの重要なことをすることを勧めます。 あなたはそれで遊んで続けることができて、Archがどれほど強力であるか見ることができます。

Arch Linuxのインストール中に問題が発生した場合は、コメント欄にお知らせください。

推奨されます

Lernstift:Linuxベースのスマートペン
2019
Linux FoundationはLinuxトレーニングコースで40%の割引を提供しています
2019
修正E:lock / var / cache / apt / archives / lockを取得できませんでした
2019