Ubuntuで検出されたシステムプログラムの問題を修正する方法

ここ数週間、(ほぼ)毎回、Ubuntuの起動時にシステムプログラムの問題が検出されることに迎えられました。 私はしばらくそれを無視しましたが、ある時点の後にはかなり厄介でした。 あなたがシステムを起動するたびにこれを表示するポップアップに迎えられても、あなたはあまりにも幸せにはならないでしょう。

システムプログラムの問題が検出された

今問題を報告しますか?

あなたがUbuntuユーザーであるかどうか私は知っていますあなたは確かに時々この迷惑なポップアップに直面したかもしれません。 この記事では、Ubuntu 14.04および16.04の「システムプログラムの問題が検出されました」レポートの処理方法について説明します。

Ubuntuの「システムプログラムの問題が検出されました」エラーの対処方法

それでは、この通知機能とは一体何なのでしょうか。

基本的に、これはあなたのシステムのクラッシュを知らせます。 「クラッシュ」という言葉でパニックにならないでください。 これは大きな問題ではなく、あなたのシステムは非常に有用です。 それは、過去にクラッシュしたプログラムがあるため、このクラッシュレポートを開発者に報告して問題を解決できるかどうかをUbuntuから判断してほしいということです。

それで、我々は問題を報告するをクリックします、そしてそれは消えますか?

いいえ、違います。 レポートの問題をクリックしても、最終的に次のようなポップアップが表示されます。

すみません、Ubuntu 16.04は内部エラーを経験しました。

さらに問題がある場合は、コンピュータを再起動してください。

申し訳ありませんが、Ubuntuでは内部エラーが発生したため、Webブラウザがさらに開き、Launchpadでアカウントを作成したり、バグレポートを作成することができます。 おわかりのとおり、これは複雑な手順であり、完了するまでに約4ステップかかります。

しかし、私は開発者を助け、彼らにバグを知らせたいです。

それはあなたとあなたがするべき正しいことをとてもよく考えています。 しかし、ここに2つの問題があります。 まず、バグがすでに報告されている可能性が高いです。 第二に、たとえあなたがクラッシュを報告するという苦労をしても、それがあなたが再びそれを見ることがないという保証はありません。

それで、あなたはクラッシュを報告しないことを提案しますか?

はいといいえ。 あなたが望むなら、あなたが初めてそれを見たときにクラッシュを報告してください。 上の写真の「詳細の表示」でクラッシュしているプログラムを見ることができます。 しかし、それを繰り返して見たり、あるいはLinux Handbookantがそのバグを報告していないのであれば、システムクラッシュを一度でやることをお勧めします。

Ubuntuの「システムプログラムの問題が検出されました」エラーを修正

あなたはUbuntuでこの問題を修正する方法を見るためにこのビデオを見ることができます。 また、YouTubeチャンネルを購読してLinuxチュートリアルビデオをもっと入手してください。

クラッシュレポートはUbuntuの/ var / crashディレクトリに格納されています。 このディレクトリを見ると、いくつかのファイルがクラッシュで終わっているはずです。

私はあなたがこれらのクラッシュレポートを削除することをお勧めします。 端末を開き、次のコマンドを使用します。

sudo rm /var/crash/* 

これにより、ディレクトリ/ var / crashの内容がすべて削除されます。 こうすれば過去に起こったプログラムクラッシュのポップアップに煩わされることはありません。 しかし、プログラムが再びクラッシュした場合は、システムプログラムの問題がエラーを検出したことが再びわかります。 クラッシュレポートを再度削除するか、Apport(デバッグツール)を無効にしてポップアップを永久に削除することができます。

永久にUbuntuにポップアップシステムエラーのポップアップを取り除く

あなたがこれをした場合、あなたはシステムで発生した任意のプログラムのクラッシュについて通知されることは決してないでしょう。 あなたが私の見解を尋ねるならば、私はあなたがバグレポートを提出しても構わないと思っていない限りそれはそれほど悪いことではないと言うでしょう。 もしあなたがバグレポートを提出するつもりがないのであれば、クラッシュ通知とそれがなくても違いはありません。

Apportを無効にしてシステムクラッシュレポートを完全に取り除くには、端末を開いて次のコマンドを使ってApport設定ファイルを編集します。

 sudo gedit /etc/default/apport & 

ファイルの内容は次のとおりです。

#apportを無効にするには0に設定し、有効にするには1に設定します

#これを一時的に上書きすることができます

#sudoサービスapport start force_start = 1

有効= 1

enabled = 1enabled = 0に変更します。 ファイルを保存して閉じます。 こうしてもクラッシュレポートのポップアップは表示されません。 クラッシュレポートを再度有効にしたい場合は、同じファイルを変更して再度1として有効にする必要があることを指摘するのは明らかです。

それはあなたのために働きましたか?

このチュートリアルがUbuntu 18.04およびUbuntu 16.04以降のバージョンで検出されたシステムプログラムの問題を解決するのに役立ったと思います。 この助言がこの煩わしさを取り除くのに役立ったかどうか私に教えてください。

推奨されます

Linuxでパスワード保護されたZipファイルを作成する方法
2019
マイクロソフトオープンソースのPowerShell、Linuxにそれをもたらす!
2019
NSAはリバースエンジニアリングツールGhidraをオープンソース化しました
2019