AntergosとArch Linuxでヒンディー語とDevanagariのサポートを追加する方法

私は最近Antergos Linuxを試しています。 Antergosをインストールした後に気付いた最初のいくつかのことの1つは、 ヒンディー語のスクリプトがデフォルトのchromブラウザで正しく表示さなかったことです。

これは私のデスクトップLinuxの経験で今まで出会ったことのない奇妙なことです。 まず、ブラウザの問題かもしれないと思ったので、同じ話が繰り返されるのを防ぐためにFirefoxをインストールしました。 Firefoxもヒンディー語を正しく表示できませんでした。 何も表示しなかったChromiumとは異なり、Firefoxは何かを表示しましたが、それは読めませんでした。

Chromでヒンディー語表示

Firefoxでのヒンディー語表示

変ですか? では、デフォルトでArchベースのAntergos Linuxでヒンディー語はサポートされていませんか? 検証はしていませんが、Devanagari文字をベースにしている他のインドの言語などでも同じであると思います。

このクイックチュートリアルでは、ヒンディー語およびその他のインドの言語が正しく表示されるように、Devanagariサポートを追加する方法を説明します。

AntergosとArch Linuxにインドの言語サポートを追加

端末を開き、次のコマンドを使用します。

sudo yaourt -S ttf-indic-otf 

パスワードを入力してください。 そしてそれはインドの言語のためのレンダリングサポートを提供するでしょう。

Firefoxを再起動するとすぐにヒンディー語が正しく表示されましたが、ヒンディー語を表示するには再起動が必要でした。 そのため、インドのフォントをインストールした後にシステム再起動することをお勧めします。

ヒンディー語、サンスクリット語、タミル語、テルグ語、マラヤーラム語、バングラ語、その他のインド語のAntergosや、Manjaro LinuxなどのArchベースのLinuxディストリビューションを読んでいただければ幸いです。

推奨されます

Lernstift:Linuxベースのスマートペン
2019
Linux FoundationはLinuxトレーニングコースで40%の割引を提供しています
2019
修正E:lock / var / cache / apt / archives / lockを取得できませんでした
2019