LinuxでGIMPに画像透かしを追加する方法

概要:このクイックチュートリアルでは、LinuxでGIMPを使用して画像に透かしを追加する方法を説明します。

It's FOSS Instagramアカウント用にたくさんの画像とミームを作成します。 ロゴを他のページと共有しても、画像のソースがすべての人に知られたままになるように、私は常に画像の上に透かしとしてロゴを置きます。

GIMPで画像に透かしを追加するのは、私が使っているきちんとしたトリックではかなり簡単です。 あなたにも簡単に画像に透かしを入れることができるように、私は今日その「秘密の」トリックをあなたと共有するつもりです。

ロゴ画像を別の画像に重ねて使用することについて説明していることに注意してください。 あなたは同じ目的のためにテキストを使うかもしれません。 それはあなた次第です。

LinuxでGIMPを使って簡単に透かしを追加する

このチュートリアルではUbuntuを使用していますが、この手順は他のすべてのLinuxディストリビューションにも適用できます。 必要なのはロゴ画像、できればpng形式です。 PNG画像は透明な背景を非常にうまく処理します、そして透明な背景を持つロゴを持っているほうがいいですね。

ロゴを取得したら、GIMPを使用してこのロゴを任意の画像に追加する方法を見てみましょう。 基本的に、GIMP Brushとしてロゴを追加します。透かしを追加する必要があるたびに、新しいカスタムブラシを使用してください。

手順を見てみましょう。

ステップ1:

GIMPでロゴ画像を開き、gbr(GIMP Brush)ファイルとしてエクスポート(Shift + Ctrl + E)します。

ファイルの種類をGimp Brushに変更します

ステップ2:

GIMPブラシとしてのロゴを入手したら、それをコピーしてホームディレクトリに移動し、表示を隠しファイルを表示するように変更します。

.gimpで始まるフォルダを探します。 このフォルダに移動して、brushesという名前の別のフォルダを探します。 ここにgbrファイルを貼り付けます。

GIMPブラシファイルを指定のディレクトリに保存します

ステップ3:

GIMPを再起動してください。 実験用に任意の画像を開きます。 ツールボックスが表示されていない場合は、Ctrl + Bを押します。 ここでは、Paint Brush、Air Brushなどのブラシツールを探します。これをクリックして、ブラシとして保存されたカスタムロゴを選択します。

任意のブラシツールを使う

必要に応じて、ブラシのサイズを大きくします。

必要に応じてブラシのサイズを変更する

そして今、あなたがロゴを置きたいところでブラシをクリックしてください:

ブラシをクリックして好きな場所にロゴを追加します

Et voila! そこに行きます。 GIMPを使って画像にロゴを追加しました。 あなたはこのFacebookアップロードの最終結果を見ることができます:

Linuxの楽しみが好きならFacebookでフォローしてください:)

今後、この透かしを画像に追加する必要があるときはいつでも、カスタムブラシを選択し、そのサイズを変更して追加するだけです。

GIMPを使用して透かしを追加するためのこの小さなコツを見つけてください。 あなたが共有するための同様のトリックを持っているならば、以下のコメント欄でそれを言及してください。

推奨されます

デフォルトでHDMIが有効になっているのでUbuntu 14.04で音がしない
2019
ターミナルにASCIIアートでLinuxディストリビューションのロゴを表示する
2019
最新のSolus ISOスナップショットにGNOMEが含まれる
2019