Ubuntuのアプリケーションで開くのリストにアプリケーションを追加する方法

あなたのお気に入りのアプリケーションが 'open with'アプリケーションのリストの中に見つからないとどうなりますか? 右クリックメニューのアプリケーションで開くのリストにアプリケーションを追加する方法を考えたことはありますか?

私のハウツー記事の多くはスクリーンショットを含みます。 私はGimpを使って画像のサイズを変更したり圧縮したりしていますが、画像にテキストや円を追加するにはPintaを使うことを好みます。 その軽くて使いやすいアプリです。 Ubuntuでは、Pintaで右クリックして画像を開こうとしたときに、ここでそれが見つかりませんでした。

まあ、それは他のアプリケーションにあるはずです、私は自分に言いました。 私は間違っていた。 推奨アプリケーションのリストに含まれていませんでした。

他のアプリケーションを表示でそれを見つけることに非常に期待していました。 しかし、それも無駄でした。

さて、あなたが私にこれだけの負担を負うのであれば、Ubuntuや他のLinux OSのアプリケーションと一緒にopenのリストの中に任意のアプリケーション追加することができるトリックをあなたに示すつもりです。

リストで開いているアプリケーションを追加する方法:

このチュートリアルは、Pintaイメージエディタで説明されています。 どのプログラムにも同じ手順を使用できます。 使用するコマンドで、Pintaをアプリケーションの名前で変更するだけです。

アプリケーションで開くのデフォルトリストのリストにプログラムを追加するには、端末を開いて次のコマンドを使用します。

sudo gedit /usr/share/applications/XXX.desktop 

二つのことに注意してください。 XXX.desktopでは、XXXはアプリケーションの名前です。 そしてgeditを使う。 他のエディタを使用できます。 私はVimを使った。 Geditを使用すると、端末に警告メッセージが表示されますが、ファイルはGUIで開かれます。

このデスクトップファイルで、次のような行を探します。

Exec=XXX

このようなものがある場合は、この行を次のように置き換えます。

Exec=XXX %F

保存してデスクトップファイルを閉じるか閉じます。 再起動する必要はありません。 それは即座に機能しているはずです。

説明

これで、この%Fが何を意味するのかを説明します。 %Fは実際にはExecキーです。 これは、プログラムに同時に複数のファイル入力が提供されることを意味します(引数)。 そのため、この%FをPintaに設定すれば、Pintaの同じインスタンスで複数の画像を開くことができます(Webブラウザのタブのように考えることができます)。 しかし、プログラムはこの機能をサポートしなければなりません。

あなたが疑問に思うかもしれない質問は、なぜそれが以前にアプリケーションのリストに表示されなかったのか、そしてなぜ%Fを追加した後にそれが機能しているのかということです。 その理由は、そのようなExecキーがない場合、プログラムは引数を受け入れないためです。つまり、このアプリケーションでファイルを「で開く」ことはできません。

Exec Keyの詳細については、こちらを参照してください。

チュートリアルがUbuntuのアプリケーションで開くという右クリックオプションでアプリケーション追加するのに役立ったと思います。 ご質問やご提案は常に歓迎されています。

推奨されます

Linuxトレーニングアカデミーの創設者Jason Cannonへのインタビュー
2019
Linuxを助けることができる13の方法
2019
Deus Ex:分割​​された人類がLinuxにやってくる
2019