おもしろいLinuxのmanページで笑いましょう

簡単な説明:Linuxのコマンドラインは面白くないと言う人は誰ですか? あなたがいくつかのいたずら、こっけいな楽しみの気分にあるときは、これらの機知に富んだmanページのエントリを読んでください。

しばらくの間Linuxを使用しているのであれば、manページという用語にすでに精通しているかもしれません。 同僚、友人、あるいはLinuxフォーラムの見知らぬ人からRTFMへのアドバイスを受けていたからでしょう(f *** manページを読んでください)。

人々がそれぞれすべてのために検索エンジンを使い始めるずっと前に、LinuxユーザはあるLinuxコマンドがどのように機能するかを知るためにmanページに頼りました。 それはまだ大きな助けです。

しかし、私はmanページの素晴らしさや有用性について話すつもりはありません。 私はあなたにmanページの機知に富んだ面を示すつもりです。

いくつかの機知に富んだmanページのエントリを読むのはどうですか?

Funny Man Pages:気軽なLinuxの楽しみのために

当然のことながらfunny-manpagesというパッケージがあり、それはmanページにいくつかの機知に富んだエントリを追加します。

いくつか例を示す前に、その説明と同じ「警告」をお見せしましょう。

一連の雑多なユーモラスなマンページ(あまりにも真剣に考えないでください!) とりわけ、rtfm(1)が含まれます。 警告! これらのマンページのいくつかは攻撃的に扱われるかもしれません。 あなたは警告されました。

あなたがそれほど敏感ではなく、性的倍音を持つものに耐えることができるならば、あなたはこれらのエントリに問題がないはずです。

おもしろいマンページはほとんどのLinuxディストリビューションで利用できると思います。 あなたのディストリビューションのパッケージマネージャを使ってインストールすることができます。 DebianおよびUbuntuベースのディストリビューションでは、以下のコマンドを使用してください。

sudo apt install funny-manpages 

このパッケージをインストールしたら、manコマンドを使っていくつかのエントリを読むことができます。 たとえば、コマンドman celibacyを使用すると、次のような出力が表示されます。

あなたは書くことのスタイルが本当のmanページのエントリと同じであることがわかります。 このエントリは意図的に大きくはありませんが、面白いmanページのエントリのいくつかは詳細に説明されています。

 NAME baby — create new process from two parents SYNOPSIS baby -sex [m|f] [-name name] DESCRIPTION baby is initiated when one parent process polls another server process through a socket connection in the BSD version or through pipes in the System V implementation. baby runs at low prior‐ ity for approximately forty weeks and then terminates with a heavy system load. Most systems require constant monitoring when baby reaches its final stages of execution. Older implementations of baby did not require both initiating processes to be present at the time of completion. In those versions the initiating process which was not present was awakened and notified of the results upon completion. It has since been determined that the presence of both parent processes result in a generally lower system load at completion, and thus current versions of baby expect both parent processes to be active during the final stages. Successful completion of baby results in the creation and naming of a new process. Parent processes then broadcast messages to all other processes, local and remote, informing them of their new status. OPTIONS -sex define the gender of the created process -name assign the name name to the new process EXAMPLES baby -sex f -name Jacqueline completed successfully on July 9, 1992 at 9:11pm. Jacqueline's vital statistics: 8 pounds 3 oz, 20 inches, long dark hair. The parent process, Kim Dunbar, is reportedly doing fine. SEE ALSO cigar(6), dump(5), cry(3). BUGS Despite its complexity, baby only knows one signal, SIGCHLD, (or SIGCLD in the System V implementation), which it uses to contact the parent processes. One or both parent processes must then inspect the baby process to determine the cause of the signal. The sleep(1) command may not work as expected on either parent process for some time afterward, as each new instance of baby sends intermittent signals to the parent processes which must be handled by the parents immediately. A baby process will frequently dump core, requiring either or both parent processes to clean up after it. Despite the reams of available documentation on invoking and maintaining baby, most parent processes are overwhelmed. 

おかしいですね。 おそらく次回誰かがRTFMを言うとき、あなたは実際にman rtfmとタイプしてそのエントリを読むことができます。

 NAME rtfm - a response for easy questions from clueless lusers SYNOPSIS rtfm [ -p ] [ -h ] [ -d option ] [ -i interval ] [ -a action ] [ -q luser] DESCRIPTION rtfm is a command for system administrators to use in dealing with new users. rtfm is useful for dealing with users having trouble with their pictures downloaded from alt.binaries.pic‐ tures.erotica. rtfm will continue to run until killed by hand, using `kill processid'. rtfm can be invoked by anyone who has enough of a clue to know what a man page is. OPTIONS -p Give the answer in a polite fashion. -h Tell the clueless luser to go to hell. Used with the -p option, they'll look forward to the trip. 

他の面白いmanページのエントリーのいくつかは、性別、コンドーム、炎、flog、ゴング、弄り、パーティー、rescrogなどです。

Linuxのmanページがちょっとつまらないと思ったら、これらの面白いmanページを読んでみてください。 あなたがマニュアルページを参照するのが好きなら、あなたはきっとこれらの面白いマニュアルページに笑うでしょう。

推奨されます

AntergosでUbuntuのライブUSBを作成する
2019
Little Simple Wallpaper Changerを使ってLinuxの壁紙を自動的に変更する
2019
Ubuntu Unity 14.04で一番下のタスクバーのようなウィンドウを追加する
2019