Arch Linuxのログイン時に白い画面を修正する

私は最近ArchベースのAntergos Linuxを更新しました。 それは提案されたシステムであり、GNOME 3.16をGNOME 3.18にアップグレードしました。 GNOME 3.18の新機能を楽しむことができるようになる前でさえも、私はログインに関していらいらさせる問題に遭遇しました。

LIghtDM greeter画面で、ユーザーをクリックしてログイン資格情報を入力すると、パスワードフィールドが表示されるのではなく、画面が真っ白になります。 最近のシステムのアップグレードが問題の原因であると感じましたが、原因がGNOME 3.18であることを知りませんでした。

最近のアップグレードが多くのLinuxシステムを壊したようです。 先週、私のUbuntu 15.04はカーネルのアップグレードのため、そして今Arch Linuxでログインの問題を抱えていました。 ログイン時にこの白い画面を取り除き、通常どおりAntergosまたは他のArch Linuxシステムを使用できるように、回避策を紹介します。

ささいな、盲目の

1つの回避策は単に盲目でヒットして試すことです。 画面中央(通常はユーザー名)にカーソルを合わせてクリックします。 カーソルが英語の文字「I」のように変更されていることがわかります(上の図を参照)。 あなたは自分のパスワードを盲目的にもう​​一度入力することができ、Enterを押すとあなたはシステムの中にいるでしょう。

しかし、この回避策を回避策と呼ぶ価値はありません。 どうしようか?

醜いが頑強な回避策

代替手段はlightDMを無効にしてGDMを使用することです。 GDMはLightDMのようには見えないことを私は知っていますが、あなたが盲目で遊ぶ必要がない限り、あなたはそれを許容することができますね。 やり方を見てみましょう。

ログイン画面が表示されたら、Ctrl + Alt + F2(またはF1またはF7)を押します。 これにより、コマンドラインインターフェイスに移動します。 ここにあなたのユーザー名とパスワードを入力してください。

次にGDMをインストールする必要があるということです。 インストールするには、次のコマンドを使用します。

sudo pacman -S gdm 

次に、LightDMを無効にする必要があります。 そのためには以下のコマンドを使用してください。

 sudo systemctl disable lightdm 

今、我々はGDMを有効にする必要があります。 GDMを有効にするには、以下のコマンドを使用します。

 sudo systemctl enable gdm 

システムを再起動します。

 sudo reboot 

次回の起動時には、LightDMではなくGDMが見つかります。 前のものほどきれいではありませんが、システムに入ることができます。

GNOME 3.18でこのLightDMの問題に対するバグ修正が行われるまで、GDMを使い続けることができます。 後で、ちょうど行ったことと反対のことをします(GDMを無効にしてLightDMを有効にします)。 コマンドラインインターフェイスを使用する必要はありません。システム内から端末を使用できます。

推奨されます

UbuntuとDebianにインストールされているパッケージを一覧表示する方法
2019
Ubuntuや他のLinuxで7Zipを使う方法
2019
オープンソースライセンスの比較
2019