Arch Linuxのログイン時に白い画面を修正する

私は最近ArchベースのAntergos Linuxを更新しました。 それは提案されたシステムであり、GNOME 3.16をGNOME 3.18にアップグレードしました。 GNOME 3.18の新機能を楽しむことができるようになる前でさえも、私はログインに関していらいらさせる問題に遭遇しました。

LIghtDM greeter画面で、ユーザーをクリックしてログイン資格情報を入力すると、パスワードフィールドが表示されるのではなく、画面が真っ白になります。 最近のシステムのアップグレードが問題の原因であると感じましたが、原因がGNOME 3.18であることを知りませんでした。

最近のアップグレードが多くのLinuxシステムを壊したようです。 先週、私のUbuntu 15.04はカーネルのアップグレードのため、そして今Arch Linuxでログインの問題を抱えていました。 ログイン時にこの白い画面を取り除き、通常どおりAntergosまたは他のArch Linuxシステムを使用できるように、回避策を紹介します。

ささいな、盲目の

1つの回避策は単に盲目でヒットして試すことです。 画面中央(通常はユーザー名)にカーソルを合わせてクリックします。 カーソルが英語の文字「I」のように変更されていることがわかります(上の図を参照)。 あなたは自分のパスワードを盲目的にもう​​一度入力することができ、Enterを押すとあなたはシステムの中にいるでしょう。

しかし、この回避策を回避策と呼ぶ価値はありません。 どうしようか?

醜いが頑強な回避策

代替手段はlightDMを無効にしてGDMを使用することです。 GDMはLightDMのようには見えないことを私は知っていますが、あなたが盲目で遊ぶ必要がない限り、あなたはそれを許容することができますね。 やり方を見てみましょう。

ログイン画面が表示されたら、Ctrl + Alt + F2(またはF1またはF7)を押します。 これにより、コマンドラインインターフェイスに移動します。 ここにあなたのユーザー名とパスワードを入力してください。

次にGDMをインストールする必要があるということです。 インストールするには、次のコマンドを使用します。

sudo pacman -S gdm 

次に、LightDMを無効にする必要があります。 そのためには以下のコマンドを使用してください。

 sudo systemctl disable lightdm 

今、我々はGDMを有効にする必要があります。 GDMを有効にするには、以下のコマンドを使用します。

 sudo systemctl enable gdm 

システムを再起動します。

 sudo reboot 

次回の起動時には、LightDMではなくGDMが見つかります。 前のものほどきれいではありませんが、システムに入ることができます。

GNOME 3.18でこのLightDMの問題に対するバグ修正が行われるまで、GDMを使い続けることができます。 後で、ちょうど行ったことと反対のことをします(GDMを無効にしてLightDMを有効にします)。 コマンドラインインターフェイスを使用する必要はありません。システム内から端末を使用できます。

推奨されます

Penguin、Linuxにスタンドアロンの字幕プレーヤーを提供
2019
Music Tagger MusicBrainz Picardは6年後に新しいメジャーリリースをしています
2019
WMail:GmailとGoogle Inbox用のLinuxデスクトップクライアント
2019