XubuntuでマグネットエラーのURIスキームを検出できない

私はマグネットリンク付きの急流のサイトから「ファイル」をダウンロードしようとしていました。 私はXubuntuでGoogle Chromeを使用していましたが、意外にもtorrentクライアントを開く代わりに、次のようなエラーを投げました。

「magnet:?」のURIスキームを検出できません

私がUbuntuやLinux Mintなどの他のLinux OSでこれまでこのようなエラーに遭遇したことは一度もないので、私にとっては驚きでした。 少し探したところ、Xfceデスクトップ環境に基づくLinux OSのバグであることが判明しました。 この簡単なヒントでは、Xubuntu での「magnet:」の「URIスキームを検出できない」というエラーを解決するために使用した修正プログラムについて説明します。

「magnet:error」のURIスキームを検出できない

xdg-openファイルを編集します。 あなたはそれがGUIベースまたはViのようなターミナルベースであるあなたの好みのテキストエディタを使用することができます。 Xubuntuでは、次のコマンドを使用して端末でマウスパッドを使用できます。

sudoマウスパッド/ usr / bin / xdg-open

開いたファイルで、次のような行を探します。

 open_xfce()

{

exo-open "$ 1"

もし[$? -eq 0]; それから

exit_success

それ以外の

exit_failure_operation_failed

fi

}

上記の行を次の行に置き換えてファイルを保存します。

 open_xfce()

if(echo "$ 1"

Transmission以外のトレントアプリケーションを使用している場合は、上記のコマンドでtransmission-gtkの代わりにそのアプリケーション名を使用できます。

変更を保存すると、マグネットファイルを開くことができるはずです。 再起動する必要もログアウトする必要もありません。 それはすぐに働き始めるでしょう。

問題を解決するためにしたこと

あなたの問題は解決されましたが、念のために、「magnet:」のURIスキームを検出できないという問題を解決するために私たちが何をしたのか知りたいのです。 シェルスクリプトに精通していれば、簡単に理解できます。

ここで、コマンドの引数に「magnet:」で始まるものが含まれていると、その引数はTransmission(または独自のTorrentアプリケーション)に渡されます。 マグネットリンクの標準として、それらは常に "magnet:"で始まるので、すべてのマグネットリンクはTransmissionで開かれます。

この素早い投稿が、XubuntuだけでなくArchLinux、Manjaro、Linux MintなどのXfceベースのディストリビューションでの「マグネット:」のURIスキームを検出できないというエラーを修正するのに役立ったと思います。

推奨されます

UbuntuでUSBポートを無効にする方法
2019
Debianの創設者Ian Murdockが不思議に死ぬ
2019
サムスンのLinuxベースのTizen OSはセキュリティの悪夢です
2019