Ubuntu Linuxで蓋を閉じた後にラップトップが停止しない

簡単な説明:あなたはあなたのラップトップのふたを閉めます、しかしそれはサスペンドモードに入る代わりに実行し続けますか? ふたが閉じられたときにUbuntuを一時停止させる方法はいくつかあります。

仕事を失うことなくUbuntuのバッテリーを節約する方法の1つは、サスペンドモードを使用することです。 私は私のラップトップのふたの動作とリンクすることを好みます。 ラップトップのふたを閉じるとサスペンド/スリープモードになり、ふたを開くと目が覚めます。

ただし、ノートパソコンのカバーを閉じるとサスペンド動作に問題が発生するユーザーもいます。 Ubuntuは単にサスペンドモードに入ることを気にせずに実行を続けます。

Ubuntu 16.04以降、この問題について確認済みのバグがあります。 残念ながら、このバグは1年以上経っても修正されていません。

私はこのバグを修正することはできませんが、ふたを閉じた後にUbuntuがサスペンドモードに入るようにするには、いくつかの方法をお勧めできます。 その方法を見てみましょう。

ノートパソコンのふたを閉じてもUbuntuが停止しない

私はこれらの修正がすべての人のために働くことを願っていますが、バグはハードウェアに依存しているので保証ではありません。

それで作業を始めましょう。

フタを閉じる動作のために一時停止を有効にするようにしてください

これは非常に簡単です。 正しい設定があることを確認する必要があります。

システム設定に行き、次に力をつけなさい。 電源設定で、[ふたを閉めたとき]のオプションが[一時停止]に設定されていることを確認します。

ここで別の設定にした場合は、ふたを閉じてUbuntuを一時停止できるかどうかを確認してください。 そうでない場合は、次のセクションの回避策に従ってください。

ノートパソコンのふたを閉じたときにUbuntuを一時停止するための回避策

まず、pm-utilsがシステムにインストールされていることを確認してください。 pm-utilsは中断と再開を処理するスクリプトのコレクションです。 Ubuntuはすでにそれを持っているはずですが、それを検証することに害はありません。

sudo apt install pm-utils 

その後、systemdのlogind.confファイルを編集する必要があります。 このファイルには通常、systemdによってデフォルトで使用されるエントリが含まれています。 ただし、すべてのエントリはここでコメントアウトされています。 このファイルの設定を変更すると、systemdのデフォルト設定よりも優先されます。

設定ファイルを変更する前に、その設定ファイルのバックアップを作成することをお勧めします。 このコマンドを使います。

 sudo cp /etc/systemd/logind.conf /etc/systemd/logind.conf.back 

その後、端末からグラフィカルアプリケーション(この場合はgedit)を開くことができるようにgksuをインストールしてください。 それに慣れていれば、Vimのようなターミナルベースのテキストエディタを使うこともできます。

 sudo apt install gksu && gksudo gedit /etc/systemd/logind.conf 

このファイルに次のような行があります。

 #NAutoVTs=6 #ReserveVT=6 #KillUserProcesses=no #KillOnlyUsers= #KillExcludeUsers=root #InhibitDelayMaxSec=5 #HandlePowerKey=poweroff #HandleSuspendKey=suspend #HandleHibernateKey=hibernate #HandleLidSwitch=suspend #HandleLidSwitchDocked=ignore #PowerKeyIgnoreInhibited=no #SuspendKeyIgnoreInhibited=no #HibernateKeyIgnoreInhibited=no #LidSwitchIgnoreInhibited=yes #HoldoffTimeoutSec=30s #IdleAction=ignore #IdleActionSec=30min #RuntimeDirectorySize=10% #RemoveIPC=yes #UserTasksMax=12288 

あなたがしなければならないのは、いくつかの行から#を削除し、その値をに変更することです:

 HandleSuspendKey=suspend HandleLidSwitch=suspend HandleLidSwitchDocked=suspend 

変更を保存してシステムを再起動します。 ふたが閉じられたときにあなたのシステムがサスペンドモードになるかどうか確認してください。

そうでない場合は、下記の行を変更してみることもできます(それが違いをもたらすかどうかはわかりませんが)。

 HandleHibernateKey=suspend 

私はこれがあなたがラップトップのふたが閉じられたときに中断しないUbuntuの迷惑な問題を解決するのに役立つことを願っています。 これはUbuntu 16.04、17.04、17.10で動作するはずです。 Ubuntu 18.04についてはよくわかりません。

それがあなたのために働いたかどうかあなたのフィードバックを共有しなさい。

推奨されます

Mu Music Player:見栄えがよく、うまく機能する
2019
ウイルス警告! グレーマーケットで発見されたLinuxのみのトロイの木馬「Hand of Thief」
2019
ペパーミント8発売 ダウンロード中!
2019