UbuntuおよびLinux Mint上のGoogle Chromeで「取得に失敗しました」エラーを修正

最近、UbuntuまたはLinux Mintシステムをアップデートしている間に、次のようなアップデートエラーが発生した可能性があります。

W:リリースファイルに//dl.google.com/linux/chrome/deb/dists/stable/Releaseのエントリ 'main / binary-i386 / Packages'が見つかりません(間違ったsources.listのエントリまたは誤った形式のファイル) )

E:一部の索引ファイルのダウンロードに失敗しました。 それらは無視されたか、代わりに古いものが使用されました。

Ubuntuでは、エラーは次のようになります。

Linux Mintにいる間、Software Updaterは以下のエラーを投げます。

一人で感じないでください。 これは、Google Chromeが32ビットLinuxシステムのサポートを終了した後に多くの人が直面する共通の問題です。 私たちはすでにそれについて知っています。 この変更は32ビットのLinuxシステムにのみ影響を与えるはずでしたが、64ビットシステムでUbuntu 14.04以降を実行しているユーザーでもこの変更の影響を受けているようです。

このエラーはごくわずかで些細ですが、非常に面倒です。 良いニュースは、この悩みの種のエラーを取り除くのは本当に簡単だということです。

//dl.google.com/linux/chrome/deb/dists/stable/Releaseの取得に失敗しました

ここでの問題は、デフォルトで、ソースリストのエントリに32ビットパッケージが必要だということです。 これは奇妙ですが本当です。ここでやるべきことは、Google Chromeのsources.listエントリを変更し、明示的に取得するように指示することです。

ここでやるべきことは、Google Chromeのsources.listエントリを変更して、64ビットパッケージを入手するように明示的に指示することです。 sources.listを変更する方法は、あなたが求めるかもしれません。

まあ、それはとても簡単です。 これは完全にコマンドラインで実行できますが、初心者を念頭に置いて、グラフィカルテキストエディタを使用して実行する方法を紹介します。

ステップ1:

端末を開き、以下のコマンドを使用してください。

sudo gedit /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list 

これはGeditテキストエディタを開くでしょう、そしてあなたはこのようなファイルを見るでしょう:

ステップ2:

ここでは、deb //dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable mainを次の行に置き換えるだけです。

 deb [arch=amd64] //dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main 

それは今このように見えるはずです:

ステップ3:

ファイルを保存して閉じます。 以下のコマンドを使用してもう一度アップデートを実行します。

 sudo apt-get update 

あなたは二度とエラーを見ることはありません。 今すぐエラーなしのアップデートをお楽しみください:)

推奨されます

Ubuntu 14.04のNetspeedアプレットインジケータでインターネット速度を監視する
2019
Ubuntu LinuxでNetflixを見る方法
2019
くそー! Antergos Linuxは廃止されました
2019