Evolve OSの最初のベータリリース

今月の初めに、2015年にリリースされた3つの美しいLinux OSについてお話しました。そのうち、Evolve OSは最初のベータ版をリリースしました。

Evolve OSは、UbuntuやFedoraの一般的な選択に基づいていません。 代わりに、それは最初から構築され、PiSiパッケージマネージャを使用します。 また、Budgieという新しいデスクトップ環境も導入されています。 まだベータ版ですが、UbuntuにBudgieデスクトップを簡単にインストールできます。 それは目に非常に良いです、私は付け加えなければなりません。

Evolve OS Beta 1に含まれるもの

最初のベータ版は現在ほとんどのメディアフォーマットを再生しており、デフォルトでいくつかのコーデックを含んでいます。 つまり、コーデックやパッケージをインストールしなくても、H264、MP3、DVDなどを直接実行できます。 TotemとRythemboxはEvolve OSのデフォルトのメディアプレイヤーです。

最新のベータ版では、Evolve OSソフトウェアセンター、evolve-scも紹介されています。 これは新しいソフトウェアのインストールとアップグレードを容易にすることを目的としています。 それはまもなく自動ドライバ更新と同様に32ビットプログラムサポートを見るでしょう。 下のスライドショーでEvolve OSを覗くことができます。

[soliloquy]

OSベータを進化させる

Evolve OS Betaを試したい場合は、下のリンクからISOをダウンロードできます。

Evolve OS BetaをTorrent経由でダウンロード

注意点として、ダウンロードされたISOはUEFI互換ではありません。 つまり、UbuntuをUEFIシステムにインストールするのと同じ方法でEvolve OSをインストールすることはできません。少なくとも今はそうではありません。 Evolve OS Beta 2ではUEFIがサポートされる予定です。それまでは、私と同じように自分で制御する必要がありました。

画像提供:進化するOS。

推奨されます

Ubuntu LinuxにPandoraラジオクライアントPithosをインストールする
2019
Linuxでapt-getコマンドを使用する
2019
イリジウムブラウザ:プライバシーを意識したブラウザ
2019