FacebookがUbuntuを30億ドルで買収

Mark Zuckerberg(Facebookの創設者兼CEO)はまだ買い物をしていないようです。 WhatsAppとOculus Riftを購入した後のMark Zuckerbergの次のターゲットは、世界で最も人気のあるLinuxディストリビューションUbuntuの親会社であるCanonicalです。 これは、Business Insiderによる独占レポートで明らかにされています。

Ubuntuの買収に対するFacebookの意向について尋ねられたとき、Zuckerbergは言った:

「…Facebookでは、常にオープンソースをサポートしていました。 昨年オープンソースのサーバーに切り替えることで10億ドル節約しました。 私たちはOculusを買うために節約した収入を使いました」

しかし、Facebookが独自のLinuxディストリビューションを開始する可能性があるときに特にUbuntuを購入する理由について彼がさらに調査されたとき、Markは答えました:

「……見て、Facebookは自分のスマートフォンを売り込みしようとしたが悲惨に失敗した。 Mark ShuttleworthがUbuntuのスマートフォンのために資金を集めようとしたが、同様に失敗した。 Ubuntuはデスクトップとモバイルデバイスの融合を望んでおり、これが私たちのイデオロギーが互いに融合したところです。」

しかし、それは氷山のただの偽物の先端です。 Motorola(30億ドル)やBlackberry(50億ドル)などのハードウェア大手がスマートフォンアプリ(WhatsAppの190億ドル)に値しない世界では、「革新」ではなく「情報」を実感できる'それはハイテク企業のUSPです。

Ubuntu 12.10以降、Canonicalは、Amazonが特定のユーザーの国で運営されているかどうかにかかわらず、Amazonを「フリーでオープンソース」のオペレーティングシステムに統合しています。 他のいくつかの第三者もユーザーの個人データを入手しています。 1年半後でさえも、多くの人がAmazon検索をオフにすることに悩まされることさえないようであり、そしてこれはCanonicalの決定を強化するだけです。 この問題を提起したプライバシー批評家はほとんどいませんでしたが、なんらかの形で「Canonical従業員数が1カ月未満」という従業員に親密に説明されていました。

「なるほど」とZuckerbergは「Linuxは無料だ」と述べた。 UbuntuのUSPは30億ドルです。

今回の取引で大きな色合いと叫び声が上がるかどうかを尋ねられたとき、Mark Shuttleworthは、「1カ月に1カ月未満の」正規社員を雇ったと語った。

Business Insiderで全文を読む

推奨されます

キャリバーで変換エラーを修正
2019
イタリアの地域エミリアロマーニャはOpenOfficeに切り替えています
2019
Ubuntu 18.04および17.10でGNOMEからUnityに切り替える方法
2019