eSpeak:Linux用スピーチツールへのテキスト

eSpeakは、テキストを音声に変換するLinux用のコマンドラインツールです。 これは、英語およびその他の多くの言語をサポートするコンパクトな音声合成装置です。 それはCで書かれています

eSpeakは標準入力または入力ファイルからテキストを読み込みます。 しかしながら、生成された音声は人間の声にはあまり近くありません。 あなたのプロジェクトでそれを使用したい場合でも、それはまだコンパクトで便利なツールです。

eSpeakの主な機能は次のとおりです。

  • LinuxとWindows用のコマンドラインツール
  • ファイルまたは標準入力からテキストを読み上げます。
  • 他のプログラムで使用するための共有ライブラリバージョン
  • Windows用のSAPI5バージョンなので、スクリーンリーダーやその他のWindows SAPI5インターフェイスをサポートするプログラムで使用できます。
  • Android、Mac OSXなどの他のプラットフォームへの移植
  • から選択するいくつかの音声特性
  • 音声出力は.WAVファイルとして保存することができます
  • SSML(音声合成マークアップ言語)はHTMLと共に部分的にサポートされています
  • サイズが小さい、言語サポートなどを含む完全なプログラムは2 MB未満です。
  • テキストを音素コードに変換できるため、他の音声合成エンジンのフロントエンドとしても使用できます。
  • 音素データの作成と調整に使用できる開発ツール

eSpeakをインストールする

UbuntuベースのシステムにeSpeakをインストールするには、端末で以下のコマンドを使用します。

sudo apt-get install espeak 

eSpeakは古いツールで、Arch Linux、Fedoraなどの他のLinuxディストリビューションのリポジトリで利用できるはずです。dnf、pacmanなどを使用して簡単にeSpeakをインストールできます。

eSpeakを使用するには、espeakのように使用し、Enterキーを押して音声を聞きます。 実行中のプログラムを閉じるには、Ctrl + Cを押します。

利用可能な他のいくつかのオプションがあります。 あなたはプログラムのヘルプセクションを通してそれらを通して閲覧することができます。

GUIバージョン:Gespeaker

あなたがコマンドラインよりGUIバージョンを好むならば、あなたはeSpeakにGTKフロントエンドを提供するGespeakerをインストールすることができます。

以下のコマンドを使ってGespeakerをインストールしてください。

 sudo apt-get install gespeaker 

インターフェースは簡単で使いやすいです。 あなたは自分でそれをすべて探検することができます。

このようなツールは一般的なコンピューティングニーズには役立たないかもしれませんが、テキストから音声への変換が必要ないくつかのプロジェクトで作業している場合には便利です。 この音声合成装置の使い方を決めさせてください。

推奨されます

Ubuntuで32ビットサポートを廃止することを考えているCanonical
2019
Nuvola:ストリーミングサービス用のLinuxデスクトップミュージックプレーヤー
2019
この気の利いたツールで瞬時にLaTeXに方程式のスクリーンショットを変換する
2019