Linuxでのスクリーンショットの撮影と編集に最適なツール

スクリーンショットを撮ったり、テキストや矢印などを追加してスクリーンショットを編集する方法はいくつかあります。指示やスクリーンショットツールは、Ubuntuやその他の主要なLinuxディストリビューションに有効です。

私のメインOSとしてWindowsからUbuntuに切り替えたとき、私が最初に心配したのはスクリーンショットツールの入手可能性でした。 さて、スクリーンショットを撮るためにデフォルトのキーボードショートカットを使うのは簡単ですが、スタンドアローンのツールを使って、スクリーンショットを撮りながら画像に注釈を付けたり編集したりします。

この記事では、スクリーンショットを撮るためのデフォルトのメソッド/ツール(サードパーティ製のスクリーンショットツールは除く)を紹介しながら、Linuxで利用可能な最良のスクリーンショットツールのリストも紹介します。

方法1:Linuxでスクリーンショットを撮るためのデフォルトの方法

画面全体の画像をキャプチャしますか? 特定の地域? 特定のウィンドウ?

あなたが単に注釈/空想編集能力のない単純なスクリーンショットが欲しいならば、デフォルトのキーボードショートカットはトリックをするでしょう。 これらはUbuntuに固有のものではありません。 ほとんどすべてのLinuxディストリビューションおよびデスクトップ環境は、これらのキーボードショートカットをサポートしています。

利用可能なキーボードショートカットのリストを見てみましょう。

PrtSc - 画面全体のスクリーンショットを“ Pictures”ディレクトリに保存します。

Shift + PrtSc - 特定の地域のスクリーンショットをPicturesに保存します。

Alt + PrtSc - 現在のウィンドウのスクリーンショットをPicturesに保存します

Ctrl + PrtSc - 画面全体のスクリーンショットをクリップボードにコピーします。

Shift + Ctrl + PrtSc - 特定の領域のスクリーンショットをクリップボードにコピーします。

Ctrl + Alt + PrtSc - 現在のウィンドウのスクリーンショットをクリップボードにコピーします。

ご覧のとおり、Linuxでスクリーンショットを撮るのは、デフォルトのスクリーンショットツールを使用すると非常に簡単です。 ただし、スクリーンショットを別のアプリケーションにインポートせずにすぐに注釈を付ける(または他の編集機能を使用する)場合は、専用のスクリーンショットツールを使用できます。

方法2:LinuxでFlameshotを使ってスクリーンショットを撮って編集する

機能の概要

  • 注釈(ハイライト、ポイント、テキストの追加、ボックスイン)

  • 画像の一部をぼかす
  • 画像の一部をトリミング
  • Imgurにアップロード
  • 別のアプリでスクリーンショットを開く

Flameshotは、昨年GitHubに届いた非常に印象的なスクリーンショットツールです。

古いスクリーンショットツールとは異なり、積極的にメンテナンスされている間に注釈、ぼかし、マークを付けてimgurにアップロードするのに役立つスクリーンショットツールを探している場合は、Flameshotをインストールする必要があります。

そうではありません、私たちはあなたの好みに従ってそれをインストールして設定する方法を案内します。

Ubuntuにインストールするには、Ubuntuソフトウェアセンターで検索してインストールするだけです。 あなたが端末を使いたい場合は、ここにそれのためのコマンドがあります:

sudo apt install flameshot 

インストールに問題がある場合は、公式のインストール手順に従うことができます。 インストール後、設定する必要があります。 まあ、いつでもそれを検索して起動することができますが、 PrtScキーを使用してFlameshotスクリーンショットツールを起動したい場合は、カスタムキーボードショートカットを割り当てる必要があります。

これを行う方法は次のとおりです。

  • システム設定に進み、キーボード設定に移動します。
  • そこに表示されているすべてのキーボードショートカットが表示されますが、無視して一番下までスクロールします。 今、あなたは+ボタンを見つけるでしょう。
  • カスタムショートカットを追加するには、「+」ボタンをクリックします。 表示されたフィールドに以下を入力する必要があります。

    名前: あなたが欲しいものは何でも

    コマンド: / usr / bin / flameshot gui

  • 最後に、ショートカットをPrtScに設定します。デフォルトのスクリーンショット機能が無効になることを警告するので、そのまま続行します。

参考までに、設定後、カスタムキーボードショートカットフィールドは次のようになります。

Flameshotでキーボードショートカットをマップする

方法3:Shutterを使ったLinuxでスクリーンショットを撮って編集する

機能の概要

  • 注釈(ハイライト、ポイント、テキストの追加、ボックスイン)

  • 画像の一部をぼかす
  • 画像の一部をトリミング

  • 画像ホスティングサイトにアップロードする

Shutterは、すべての主要なLinuxディストリビューションで利用可能な人気のスクリーンショットツールです。 これは積極的に開発されているとは思われませんが、それでもスクリーンショットを処理するための優れた選択肢です。

特定のバグやエラーが発生する可能性があります。 最新のLinuxディストリビューションでのShutterの最も一般的な問題は、スクリーンショットを編集する機能が、欠落しているアプレットインジケーターとともにデフォルトで無効になっていることです。 しかし、心配しないでください、私たちはそれに対する解決策を持っています。 あなただけのシャッターで無効になっている編集オプションを修正してアプレットインジケーターを戻すために私達のガイドに従う必要があります。

問題の解決が終わったら、それを利用して簡単にスクリーンショットを編集できます。

シャッターをインストールするには、ソフトウェアセンターを閲覧してそこから入手できます。 あるいは、ターミナルで次のコマンドを使用して、UbuntuベースのディストリビューションにShutterをインストールすることもできます。

 sudo apt install shutter 

Flameshotで見たように、アプリケーションランチャーを使用してShutterを検索して手動でアプリケーションを起動するか、同じ手順に従って(別のコマンドで)カスタムショートカットを設定してShutterを起動することができます。 PrtScキーを押します。

カスタムキーボードショートカットを割り当てる場合は、コマンドフィールドに次のように入力するだけです。

 shutter -f 

方法4:Linuxでスクリーンショットを撮るためにGIMPを使う

機能の概要

  • 高度な画像編集機能(拡大縮小、フィルタの追加、色補正、レイヤーの追加、トリミングなど)
  • 選択した領域のスクリーンショットを撮る

GIMPを頻繁に使用していて、スクリーンショットを事前に編集したい場合は、GIMPをお勧めします。

あなたはすでにそれをインストールしておくべきです、そうでなければ、あなたはいつでもそれをインストールするためにあなたのソフトウェアセンターに向かうことができます。 インストールに問題がある場合は、いつでもインストール方法について公式Webサイトを参照できます。

GIMPでスクリーンショットを撮るには、まずそれを起動してから、 File-> Create-> Screenshotの順に進んでください。

スクリーンショットのオプションをクリックすると、スクリーンショットを制御するためのいくつかの調整が表示されます。 それだけです。 「 スナップ 」をクリックしてスクリーンショットを撮ると、GIMP内に画像が自動的に表示され、編集できるようになります。

方法5:コマンドラインツールを使用してLinuxでスクリーンショットを撮る

このセクションは、端末愛好家向けです。 あなたが端末を使うのを好めばGNOMEスクリーンショットツールやImageMagickあるいはDeepin Scrotを利用することができます - それは人気のあるLinuxディストリビューションのほとんどに組み込まれています。

すぐにスクリーンショットを撮るには 、次のコマンドを入力します。

GNOMEスクリーンショット(GNOMEデスクトップユーザー用)

 gnome-screenshot 

遅れてスクリーンショットを撮るには 、次のコマンドを入力します(ここで、 5 - 遅らせる秒数です)。

GNOMEスクリーンショットは、GNOMEデスクトップを含むすべてのディストリビューションに存在するデフォルトのツールの1つです。

 gnome-screenshot -d -5 

ImageMagick

Ubuntu、Mint、またはその他の一般的なLinuxディストリビューションを使用している場合は、ImageMagickがすでにシステムにプレインストールされているはずです。 そうでない場合は、公式のインストール手順に従って(ソースから)インストールすることができます。 どちらの場合でも、端末に次のように入力できます。

 sudo apt-get install imagemagick 

インストールが完了したら、次のコマンドを入力してスクリーンショットを撮ることができます。

画面全体のスクリーンショットを撮るには:

 import -window root image.png 

ここで、「 image.png 」はスクリーンショットの名前です。

特定の領域のスクリーンショットを撮るには:

 import image.png 

ディープインスコット

Deepin Scrotはやや高度な端末ベースのスクリーンショットツールです。 他のものと同様に、あなたはすでにそれをインストールしておくべきです。 そうでない場合は、次のように入力して端末からインストールしてください。

 sudo apt-get install scrot 

インストールが完了したら、以下の手順に従ってスクリーンショットを撮ってください。

画面全体のスクリーンショットを撮るには:

 scrot myimage.png 

選択した領域のスクリーンショットを撮るには:

 scrot -s myimage.png 

まとめ

だから、これらはLinuxで利用可能な最高のスクリーンショットツールです。 はい、利用できるツールは他にもいくつかあります(KDEベースのディストリビューションのためのSpectacleのように)が、それらを比較することになれば、上記のツールはそれらを上回るでしょう。

あなたが私たちの記事で述べられているものより良いスクリーンショットツールを見つけた場合は、以下のコメントで私たちに知らせてください。

また、お気に入りのスクリーンショットツールについて教えてください。

推奨されます

オンラインで息を飲む人々のためのクラウドフォーカスのLinuxディストリビューション
2019
おもしろいLinuxのmanページで笑いましょう
2019
小学校OS Freyaのドックから2つのGoogle Chromeのアイコンを取り除く
2019