Apple Open Sources、Swiftプログラミング言語、Linuxで利用可能になる

マイクロソフトとアップルが彼らの製品をオープンソースにしている日がやっと見られました。 以前のマイクロソフトは.NETプログラミング言語のオープンソース化を発表しました。 訴訟の後、AppleはWWDC15でAppleの主力プログラミング言語Swiftの新しいバージョンがオープンソースになることを発表した。

「私たちはSwiftが次の大きなプログラミング言語だと思います。 今後20年間、私たち全員がアプリケーションとシステムのプログラミングを行う予定です。 そして、Swiftはどこにでもあり、誰にでも使用されるべきだと思います。 そして、私たちは本当に大きなことをすることになるでしょう。 今日我々はSwiftがオープンソースになることを発表しています。」

Appleのブログ記事で、Appleはこの動きは今年後半に行われると述べている。 Swift 2.0コンパイラおよび標準ライブラリは、iOSおよびOS Xと共にLinuxで利用可能になります。Windowsはここで言及されていないので、少なくとも当面は参加しないと思います。

この発表は、テクノロジーの世界の多くの人々にとって驚きとなりました。 しかし、Linuxが大好きな人にとっては、私にとってはうれしい驚きです。 マイクロソフトがLinux用のVisual Studioコードを発表した後、これはオープンソースの世界にとってもう一つの良いニュースです。

推奨されます

Ubuntu 15.10コードネームWily Werewolf
2019
Ubuntu 16.04リリーススケジュール
2019
GeckoLinuxレビュー:手間のかからないopenSUSEスピン
2019