別のイタリアの都市がMicrosoft Officeに別れを告げ、間もなくOpenOfficeに移行する

ヨーロッパではオープンソースの採​​用が最近流行しているようです。 先月、私たちはトリノが公式にオープンソース製品を選ぶ最初のイタリアの都市になったと聞いた。 イタリア北西部の別の都市、ウディネもまた、マイクロソフトオフィスを捨てており、OpenOfficeに移行すると発表しました。

Udineの人口は10万人、行政当局のデフォルト生産性スイートとしてMicrosoft Windowsを実行しているコンピュータは約900台あります。 予算書によると、移行は12月ごろに80台の新しいコンピュータで開始されます。 それに続いて、古いコンピュータからOpenOfficeへの移行が予定されています。

移行は、そうでなければコンピュータ1台あたり約400ユーロの費用がかかるライセンス料を節約すると推定されており、これは合計で36万ユーロになります。 しかし、お金を節約することがこの移行の唯一の目的ではなく、定期的にソフトウェアを更新することも要因の1つです。

もちろん、Microsoft OfficeからOpenOfficeへの移行はスムーズではありません。 これを念頭に置いて、自治体はOpenOfficeで新しいマシンを入手する少なくとも最初の数人の従業員のためのトレーニングセッションを計画しています。

先に述べたように、これはヨーロッパの傾向のようです。 フランスのトゥールーズは、今年の初めにスペインのカナリア諸島とともにLibreOfficeで100万ユーロを節約しました。 近隣のスペインの都市ジュネーブもオープンソース採用の兆しを見せました。 世界の他の地域では、インドのタミル・ナードゥ州とケーララ州の政府機関もマイクロソフトをオープンソースにしています。

私は、Windows XPの廃止は、経済の低迷とともに、オープンソースにとって恩恵をもたらしてきたと思います。 その理由が何であれ、このリストが増えていくのを嬉しく思います。 あなたはどうですか?

推奨されます

ペパーミントOS 6をリリース
2019
Ubuntu 14.04のNetspeedアプレットインジケータでインターネット速度を監視する
2019
Ubuntu 18.04 LTSのリリース日、新機能、アップグレード手順
2019